野球ニュース

【ドラフト特番】お母さんありがとう~歴代特集選手の成績・その後~

プロ野球ドラフト会議は世間からの注目を大きく集めるイベントです。

このドラフト会議と合わせて2010年以降毎年TV放送されているのが「ドラフト緊急生特番!お母さんありがとう」です。

ドラフト候補の選手に密着取材し、その選手の生い立ちの再現VTRやインタビュー、指名の瞬間などが放送される人気番組です。

当記事では、密着取材を受けた選手をまとめ、プロ野球選手としての成績をご紹介します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

お母さんありがとう~特集選手まとめ

以下、各年度の特集選手の一覧と、プロ入りした選手の成績のまとめです。

特集年選手名所属指名球団・順位
2010年大野雄大佛教大学中日1位
秋山翔吾八戸大学西武3位
山崎福也日大第三高校プロ志望届提出せず
佐藤貴規仙台育英高校ヤクルト育成3位
2011年菅野智之東海大学日ハム1位(入団拒否)
白根尚貴開星高校ソフトバンク4位
柴田章吾明治大学巨人育成3位
松井飛雄馬三菱重工広島横浜7位
2012年佐藤勇光南高校西部5位
宮川将大阪体育大学楽天育成1位
相内誠千葉国際高校西部2位
北原郷大JX-ENEOS指名されず
2013年九里亜蓮亜細亜大学広島2位
梅野隆太郎福岡大学阪神4位
大瀬良大地九州共立大学広島1位
大田圭利伊菊川南陵高校指名されず
2014年山崎福也明治大学オリックス1位
外崎修汰富士大学西部3位
薮田和樹亜細亜大学広島2位
山崎康晃亜細亜大学DeNA1位
2015年原嵩専大松戸高校ロッテ5位
オコエ瑠偉関東第一高校楽天1位
熊原健人仙台大学DeNA2位
山本武白志九州国際大学付属高校DeNA育成2位
日隈ジュリアス高知中央高校ヤクルト4位
佐藤世那仙台育英高校オリックス6位
2016年柳裕也明治大学中日1位
池田隆英創価大学楽天2位
大江竜聖二松學舍大学附属高校巨人6位
龍谷晃議獨協大学指名されず
古谷優人江陵高校ソフトバンク2位
山崎悠生群馬ダイヤモンドペガサス指名されず
2017年鍬原拓也中央大学巨人1位
望月涼太九州共立大学指名されず
與座海人岐阜経済大学西武5位
稲富宏樹三田松聖高校オリックス育成1位
田中瑛斗柳ケ浦高校日ハム3位
2018年中川圭太東洋大学オリックス7位
吉田輝星金足農業高校日ハム1位(入団拒否)
平尾奎太Honda鈴鹿指名されず
渡邊佳明明治大学楽天6位
田中秀政天理大学指名されず
2019年望月大希創価大学日ハム5位
武岡龍世八戸学院光星高校ヤクルト6位
宮城大弥興南高校オリックス1位
高部瑛斗国士舘大学ロッテ3位
鶴見凌也常磐大高校オリックス育成5位

 

2010年

2010年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
大野雄大佛教大学中日1位
秋山翔吾八戸大学西武3位
山崎福也日大第三高校プロ志望届提出せず
佐藤貴規仙台育英高校ヤクルト育成3位

 

大野雄大(中日)

侍ジャパンに選出され、2019年には最優秀防御率を獲得。

スター選手へと成長しています。

〈2019年までの通算成績〉

162登板

58勝61敗

通算防御率3.31

 

秋山翔吾(西武)

侍ジャパンに選出された経験を持つ、日本を代表する外野手です。

首位打者1回、最多安打4回、ゴールデングラブ賞5回と、まさにスーパースターです。

〈2019年までの通算成績〉

1207試合

1405安打

116本塁打

513打点

通算打率.301

 

山崎福也(オリックス)

2010年にはプロ志望届を提出しませんでした。

密着を受けながらプロを志望しなかった唯一の選手であり、この特番に2度出演している唯一の選手でもあります。

プロ成績は2014年の項目でご紹介します。

 

佐藤貴規(ヤクルト)

育成選手としての入団後、支配下契約を目指すも、支配下契約を得ることは出来ませんでした。

2014年に戦力外通告を受けています。

 

2011年

2011年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
菅野智之東海大学日ハム1位(入団拒否)
白根尚貴開星高校ソフトバンク4位
柴田章吾明治大学巨人育成3位
松井飛雄馬三菱重工広島横浜7位

 

菅野智之(巨人)

菅野は日ハムの入団を拒否したため、プロ入りは2012年の巨人です。

2017年,2018年と2年連続で沢村賞を受賞している日本のエースです。

〈2019年までの通算成績〉

176登板

87勝47敗

通算防御率2.36

 

白根尚貴(ソフトバンク→DeNA)

怪我に苦しみ、ソフトバンクでは1軍出場はありませんでした。

自由契約を経て2016年シーズンからはDeNAでプレーするも、2018年には戦力外通告を受けています。

〈通算成績〉

17打数3安打1本塁打2打点

 

柴田章吾(巨人)

育成選手としての入団後、支配下契約を目指すも、支配下契約を得ることは出来ませんでした。

2014年に戦力外通告を受けています。

 

松井飛雄馬(DeNA)

飛雄馬の登録名でプレーするも、一軍には定着出来ていません。

現役でプレーは続けており、飛躍に期待です。

〈2019年までの通算成績〉

92試合

176打数32安打2本塁打11打点

 

2012年

2012年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
佐藤勇光南高校西部5位
宮川将大阪体育大学楽天育成1位
相内誠千葉国際高校西部2位
北原郷大JX-ENEOS指名されず

 

佐藤勇(西武)

2016年に4試合に登板し、1勝を挙げたものの、2017年に戦力外通告を受けて引退を表明しています。

 

宮川将(楽天)

故障がちで育成契約と支配下契約を繰り返していましたが、2018年に戦力外通告を受けています。

〈通算成績〉

43登板

5勝1敗1ホールド

通算防御率3.13

 

相内誠(西武)

未成年飲酒、喫煙による謹慎処分を受けるなどの素行の悪さや故障がちであることから、一軍定着は果たせていません。

〈2019年までの通算成績〉

19登板

0勝6敗

防御率9.62

 

2013年

2013年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
九里亜蓮亜細亜大学広島2位
梅野隆太郎福岡大学阪神4位
大瀬良大地九州共立大学広島1位
大田圭利伊菊川南陵高校指名されず

 

九里亜蓮(広島)

「強いカープ」の投手陣を支える投手に成長。

2桁勝利はまだ達成出来ていないため、飛躍に期待です。

〈2019年までの通算成績〉

140登板

29勝25敗6ホールド

通算防御率3.96

 

梅野隆太郎(阪神)

2018年にはゴールデングラブ賞を獲得した阪神の正捕手です。

2019年には打率も.266と、課題の打撃も向上しています。

〈2019年までの通算成績〉

558試合

367安打

30本塁打

182打点

通算打率.233

 

大瀬良大地(広島)

2014年に新人王を獲得すると、過去4度の2桁勝利、2018年には最多勝、最高勝率を獲得するなど広島のエースに成長しています。

侍ジャパンにも選出されたスター選手です。

〈2019年までの通算成績〉

171登板

52勝35敗2セーブ24ホールド

通算防御率3.38

 

2014年

2014年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
山崎福也明治大学オリックス1位
外崎修汰富士大学西部3位
薮田和樹亜細亜大学広島2位
山崎康晃亜細亜大学DeNA1位

 

山崎福也(オリックス)

中継ぎとして出場の機会は増えているものの、2軍落ちを繰り返しているのが現状です。

大卒ドラフト1位投手としては少し寂しい成績です。

〈2019年までの通算成績〉

92登板

10勝17敗1ホールド

通算防御率4.28

 

外崎修汰(西武)

侍ジャパンにも選手され、強力西武打線を支える走攻守揃った内野手です。

スター選手と呼ぶにふさわしい活躍を見せています。

〈2019年までの通算成績〉

477試合

416安打57本塁打214打点85盗塁

通算打率.265

 

薮田和樹(広島)

2018,2019年シーズンは苦しんでいるものの、2017年には15勝をあげ、最高勝率を獲得しています。

侍ジャパンにも選出されており、輝きを取り戻したいところです。

〈2019年までの通算成績〉

73登板

21勝9敗3ホールド

通算防御率3.69

 

山崎康晃(DeNA)

ルーキーシーズンから守護神として活躍し、新人王、最多セーブ(2018,2019)を獲得している日本を代表するリリーフ投手です。

侍ジャパンにも選出されています。

〈2019年までの通算成績〉

303登板

13勝17敗163セーブ36ホールド

通算防御率2.34

 

2015年

2015年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
原嵩専大松戸高校ロッテ5位
オコエ瑠偉関東第一高校楽天1位
熊原健人仙台大学DeNA2位
山本武白志九州国際大学付属高校DeNA育成2位
日隈ジュリアス高知中央高校ヤクルト4位
佐藤世那仙台育英高校オリックス6位

 

原嵩(ロッテ)

怪我の影響もあり、2019年シーズンまでの1軍での登板はありません。

高卒で素材を評価されて入団していることを踏まえると、まだまだ飛躍は期待出来ます。

 

オコエ瑠偉(楽天)

レギュラーに定着しているとは言えないまでも、徐々に出場機会を増やしており、今後が楽しみな選手です。

ドラフト1位ということを踏まえても、そろそろ開花して欲しいところです。

〈2019年までの通算成績〉

188試合

103安打

9本塁打

16盗塁

38打点

通算打率.219

 

熊原健人(DeNA→楽天)

1軍に定着は出来ていないものの、今後の飛躍が期待される選手です。

DeNAから楽天へのトレードを経験しています。

〈2019年までの通算成績〉

23登板

4勝2敗

通算防御率5.16

 

山本武白志(DeNA)

育成選手としての入団後、支配下契約を目指すも、支配下契約を得ることは出来ませんでした。

2018年に戦力外通告を受けています。

 

日隈ジュリアス(ヤクルト)

怪我の影響もあり1軍登板は無く、2018年に自由契約となっています。

 

佐藤世那(オリックス)

フォーム固めに苦しみ1軍登板は無く、2018年に戦力外通告を受けています。

NPB復帰を目指し、BCリーグでプレーを続行しています。

 

2016年

2016年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
柳裕也明治大学中日1位
池田隆英創価大学楽天2位
大江竜聖二松學舍大学附属高校巨人6位
龍谷晃議獨協大学指名されず
古谷優人江陵高校ソフトバンク2位
山崎悠生群馬ダイヤモンドペガサス指名されず

 

柳裕也(中日)

2019年にローテーションの中心へと飛躍。

11勝を挙げる活躍を見せています。

〈2019年までの通算成績〉

47登板

14勝16敗

通算防御率4.04

 

池田隆英(楽天)

2018年は先発や中継ぎで計15試合に登板するも、2019年は1軍登板は無く、戦力外通告を受けています。

〈通算成績〉

15登板

1勝5敗

通算防御率5.91

 

大江竜聖(巨人)

高卒3年目ながら、2019年に1軍デビューを果たし、8試合に登板しています。

今後の飛躍に期待です。

 

古谷優人(ソフトバンク)

1軍登板はありませんが、フレッシュオールスターで優秀選手に選ばれるなど、今後が期待される選手です。

 

2017年

2017年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
鍬原拓也中央大学巨人1位
望月涼太九州共立大学指名されず
與座海人岐阜経済大学西武5位
稲富宏樹三田松聖高校オリックス育成1位
田中瑛斗柳ケ浦高校日ハム3位

 

鍬原拓也(巨人)

プロ入り2年で1勝3敗と、即戦力の活躍は見せられていませんが、年齢も若く今後が期待される選手です。

ドラフト1位の才能を開花させて欲しいところです。

 

與座海人(西武)

育成選手として入団し、支配下契約を目指していますが、怪我に苦しみリハビリを続けています。

 

稲富宏樹(オリックス)

育成選手として入団し、支配下契約を目指しています。

捕手という経験が必要なポジションですが、二軍での出場機会は着実に増やしており、支配下契約が期待出来る選手です。

 

田中瑛斗(日ハム)

2019年シーズン終盤で1軍デビューを果たした、今後が期待される投手です。

 

2018年

2018年の特集選手は以下の通りです。

選手名所属指名球団・順位
中川圭太東洋大学オリックス7位
吉田輝星金足農業高校日ハム1位(入団拒否)
平尾奎太Honda鈴鹿指名されず
渡邊佳明明治大学楽天6位
田中秀政天理大学指名されず

 

中川圭太(オリックス)

ドラフト7位ルーキーでありながら交流戦首位打者、シーズン打率.288を達成するなど、ルーキー離れした成績を残しました。

大打者への成長に期待です。

 

吉田輝星(日ハム)

鳴り物入りで入団し、高卒ルーキーながら一軍初登板初勝利を達成しています。

2019年シーズンは1勝に終わりましたが、将来が楽しみな投手です。

 

渡辺佳明(楽天)

勝負強い打撃で77試合に出場し、一軍に定着出来る実力の片鱗を見せつけました。

レギュラー定着も近い選手です。

 

特集選手まとめ

ここまでご覧いただくと、スーパースターへと成長した選手、残念ながら花開く前に引退を余儀なくされた選手と様々です。

取材の対象となっている選手も必ずしも注目選手というわけではなく、氏名漏れや育成指名となる選手も多数存在しており、番組制作陣の覚悟、本気度が伝わってきます。

今後の番組も楽しみです!

 

 

【毎日野球を見ませんか?】DAZNなら1か月無料!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ