プロ野球ネタ

巨人坂本が暫定打撃三冠王に!令和初年度から三冠王誕生か!?

2019年5月12日、讀賣ジャイアンツ・坂本勇人内野手が開幕から36試合連続出塁のセ・リーグ新記録を達成し話題となっています。

この偉大な記録の裏で、セ・リーグ打撃三冠王にも躍り出ています。

まだまだ5月なので三冠王で騒ぐには時期尚早ではありますが、当記事では坂本勇人内野手の三冠王達成の可能性について掘り下げていきます。

 

坂本のここまでの成績

坂本のここまでの成績を振り返りましょう。

5/10 坂本、打撃三冠王に

5/10、巨人がヤクルトに19-7で大勝した日に坂本は三冠王に躍り出ます。

この日の坂本は6打数3安打4打点の猛打賞で大暴れ。

打率、ホームランは元々トップを走っていましたが、この4打点により打点ランキングもトップに並びます。

打撃3部門ランキング(5/10試合終了時点)

打率

一位 坂本勇(巨人).343

二位 丸 (巨人).339

三位 鈴木 (広島).327

本塁打

一位 坂本勇(巨人) 12本

二位 ソト (DeNA)11本

三位 鈴木 (広島) 10本

打点

一位 坂本(巨人) 29打点

二位 バレンティン(ヤクルト)29打点

三位 山田哲(ヤクルト) 27打点

打点はバレンティンと同点首位ですが、見事に打撃3部門でトップに躍り出ています。

 

5/11 坂本、全部門で単独トップに

5/11も坂本の勢いは止まりません。

チームは1-3とヤクルト投手陣の前に抑え込まれ敗戦しているものの、坂本は4打数2安打1本塁打1打点と、しっかりと数字を残します。

これにより、同点首位であった打点王も単独トップに躍り出ることになり、打撃3部門全てで単独トップに立っています。

打撃3部門ランキング(5/11試合終了時点)

打率

一位 坂本勇(巨人).348

二位 丸 (巨人).328

三位 鈴木 (広島).324

本塁打

一位 坂本勇(巨人) 13本

二位 ソト (DeNA) 11本

三位 鈴木 (広島) 10本

三位 村上 (ヤクルト)10本

打点

一位 坂本(巨人) 30打点

二位 バレンティン(ヤクルト)29打点

三位 山田哲(ヤクルト) 27打点

三位 村上 (ヤクルト) 27打点

 

坂本は三冠王を達成することが出来るか

この時点でまだ5月、この先には交流戦も控えており、長いシーズンでは疲れも出てくるでしょう。

以下では、今シーズンの坂本に三冠王を期待できる理由、三冠王達成に向けた課題をご紹介します。

期待出来る理由:後ろを打つ丸の存在

坂本の後ろに丸が控える。

これは今シーズンの坂本に三冠王を期待できる強力な理由です。

 

というのも、三冠王を達成するためには出来るだけ多く打席に立つ必要があります。特に、チャンスでの打席が必要です。

打席数が少なくなれば当然ホームランの数は減ってしまいますよね。

チャンスの打席が少なければ、打点も減ります。

 

一方で、三冠王を期待出来るレベルの打者は、チャンスの場面では敬遠されてしまうことが多く、打点を稼ぐのが難しくなります。

しかしながら今シーズンの坂本は後ろに丸が控えます。その後ろにはさらに岡本が続きます。

これでは相手チームも坂本と勝負せざるを得ません。

後ろに強力な打者が続くことで、坂本は真っ向勝負を受けることが出来るのです。

仮に後ろの打者が坂本よりも格が劣る打者であれば、坂本は敬遠か、ボール気味の球で勝負されることになりますが、今シーズンの坂本はその心配は少ないです。

 

讀賣ジャイアンツの強力な打線。

これが今シーズンの坂本に三冠王が期待出来る大きな理由です。

 

三冠王に向けた壁:2番という打順

今シーズンの坂本は2番を打つことが多いです。

その後に3番丸、4番岡本と続くのが主流です。

 

昨今注目が集まっている「打つ2番」としての役割を坂本は担っているので、送りバントをするようなケースはほとんどありませんが、この2番という打順が坂本の三冠王を難しくします。

 

2番というのは3,4,5番のクリーンアップに比べると打点を上げるのが難しくなります。

3,4,5番の打順であれば1番からの上位打線で作ったチャンスの場面で回ってくることが多いので打点を稼ぎやすいのですが、2番となると下位打線から繋がる打順です。

 

特にセ・リーグはピッチャーが9番打者に入りますので、どうしても1,2番に求められる役割はチャンスメークの色が濃くなります。

今でこそ、坂本はその打率の高さとホームラン数で打点を稼いでいますが、長いシーズンを戦っていくとクリーンアップを打つ選手よりも打点は下回る可能性が高いです。

実際に打点王を争うヤクルトの山田、バレンティン、村上はいずれもヤクルトのクリーンアップを務める選手です。

この2番という打順でいかに打点を残していくか、もしくは打順変更があるのか(現状ジャイアンツ打線はうまく回ってますので、変更の可能性は低そうですが)、といった点が鍵になりそうですね。

 

まとめ

坂本が令和初年度から「令和の三冠王」に輝けるのか、それはまだまだ分かりません。

それでも5月の暫定ながら三冠王に躍り出ているということは期待出来ることであり、ワクワクしますよね。

2番打者というハンデもある中ですが、後続に丸、岡本が控えるという強力なアシストがあるのも事実なので、このまま三冠王達成に向けて突き進んで欲しいものです。

今後の坂本勇人内野手に要注目です!

プロ野球歴代三冠王まとめ! 平成唯一の達成者は?令和の三冠王候補は?1シーズンで1人の打者が同時に本塁打王、打点王、首位打者を獲得することを指します。打撃タイトルを総なめにした、最強打者の称号です。なお、セリーグ、パリーグそれぞれで打撃タイトルは選定されるため、1シーズンに最大2名が誕生する可能性があります。...