プロ野球ネタ

日本のプロ野球独立リーグ一覧(2020年時点)

日本でプロ野球と言えば、NPB(日本プロ野球機構)に所属するセ・パ12球団をイメージする方がほとんどでしょう。

一方で、各地には独立リーグと呼ばれるリーグに所属するプロ野球球団も多数存在します。

独立リーグでは元プロ野球選手や、NPB入りを狙う若手選手が数多く在籍しています。

 

当記事では、各地に存在する独立リーグとその所属球団を一覧化し、ご紹介します。

 

日本のプロ野球独立リーグ一覧

現在、日本のプロ野球独立リーグは大きく3リーグ存在します。

リーグ名 所属球団数 リーグ公式サイト
四国アイランドリーグplus 4球団 外部リンク
ルートインBCリーグ
(ベースボール・チャレンジ・リーグ)
12球団 外部リンク
関西独立リーグ 4球団 外部リンク

 

四国アイランドリーグplus

2005年に設立された、現在活動中の独立リーグで最も歴史の長いリーグです。

日本独立リーグ野球機構に所属しています。

かつては九州や本州の球団が所属したこともありましたが、2020年現在は四国4県を本拠地とする球団で構成されています。

過去、NPB入りした選手も多く存在し、監督・コーチはNPB経験者が務めるケースが多いです。

NPB入りを目指す選手にとっての、貴重なプレーの場になっていると言えます。

四国アイランドリーグplus出身の有名選手

角中勝也(千葉ロッテマリーンズ)
・・首位打者(2012年、2016年)、最多安打(2016年)

又吉克樹(中日ドラゴンズ)
・・中日の中継ぎエースとして活躍

 

ルートインBCリーグ

正式名称はベースボール・チャレンジ・リーグ、通称ルートインBCリーグとして親しまれています。(2007年運営開始)

四国アイランドリーグと同じく、日本独立リーグ野球機構に所属しています。

 

その範囲は広範囲にわたり、北陸・信越、関東、東北、近畿の球団が所属しています。

範囲が広く、球団数が多いため地区制を採用しており、FUTURE-East(東地区)・ADVANCE-West(西地区)の地区に分かれて試合が組まれます。

ドラフト下位や育成指名で数多くの選手がNPB所属球団へ入団しています。

 

関西独立リーグ

その名の通り関西(近畿)を中心に活動しているリーグで、日本独立リーグ野球機構には所属せず、独自の運営を行っています。

2009年~2013年に運営されていた旧関西独立リーグとは別物で、(2代目)関西独立リーグとして2014年から運営が開始されています。

四国アイランドリーグ、ルートインBCリーグに比べるとNPB入りした選手は少なく(2016年~2017年に3名)、1軍出場した選手は存在しません。

 

日本のプロ野球独立リーグ所属球団一覧

最後に、独立リーグに所属する球団、本拠地をご紹介します。
以下の表をご覧ください。

所属リーグ 球団 本拠地
四国アイランドリーグplus 愛媛マンダリンパイレーツ 愛媛県
香川オリーブガイナーズ 香川県
高知ファイティングドッグス 高知県
徳島インディゴソックス 徳島県
ルートインBCリーグ
FUTURE-East
福島レッドホープス 福島県
茨城アストロプラネッツ 茨城県
栃木ゴールデンブレーブス 栃木県
埼玉武蔵ヒートベアーズ 埼玉県
神奈川フューチャードリームス 神奈川県
群馬ダイヤモンドペガサス 群馬県
ルートインBCリーグ
ADVANCE-West
新潟アルビレックスBC 新潟県
信濃グランセローズ 長野県
富山GRNサンダーバーズ 富山県
石川ミリオンスターズ 石川県
福井ワイルドラプターズ 福井県
オセアン滋賀ブラックス 滋賀県
関西独立リーグ 兵庫ブルーサンダーズ 兵庫県
06BULLS 大阪府
和歌山ファイティングバーズ 和歌山県
堺シュライクス 大阪府
リーグ所属無し 琉球ブルーオーシャンズ 沖縄県

 

琉球ブルーオーシャンズ

琉球ブルーオーシャンズは2019年に設立され、2020年に日本独立リーグ野球機構に加盟しています。

初代監督は元千葉ロッテマリーンズの清水直之氏が務めており、元NPB選手を選手として多数獲得しています。

琉球ブルーオーシャンズ公式サイト