女子プロ野球

試合はいつ?女子プロ野球のシーズンの流れを解説!

プロ野球は日本国内トップクラスの人気を誇るスポーツです。

しかし、女子プロ野球となると何も知らないという方も多いのではないでしょうか。

当記事では、女子プロ野球に興味を持った方向けに、女子プロ野球のシーズンの流れを解説します。

観戦日程の計画にお役立てください。

 

女子プロ野球のシーズンの流れ

一般的に知られるプロ野球の場合、シーズンはレギュラーシーズン、クライマックスシリーズ、日本シリーズと進みます。

プロ野球はいつ試合をやってるの?シーズンの流れを解説プロ野球のシーズンはレギュラーシーズン(3月~9月)とポストシーズン(10月)、オフシーズン(11月~2月)の3つに分かれます。以下では、各シーズンの流れを詳細に解説していきます。...

これに比べると、女子プロ野球の流れは少し複雑です。

〈女子プロ野球の流れ〉

シーズンが細かく分かれていますね。

以下では、それぞれの流れについて詳細を解説します。

 

ヴィクトリアシリーズ

ヴィクトリアシリーズとは、「京都フローラ」「愛知ディオーネ」「埼玉アストライア」の3チームで争われるリーグ戦です。

【リーグ構成】女子プロ野球の各球団を紹介!プロ野球は日本国内トップクラスの人気を誇るスポーツです。しかし、女子プロ野球となると何も知らないという方も多いのではないでしょうか。当記事では、女子プロ野球に興味を持った方向けに、女子プロ野球の各球団をご紹介します。贔屓のチームを見つけて見ましょう。...

女子プロ野球のシーズンの大部分を占めるのがこのヴィクトリアシリーズです。

プロ野球のレギュラーシーズンに相当するものと言えるでしょう。

 

春季リーグ(3~5月)、夏季リーグ(6~8月)、秋季リーグ(9~10月)と3つに分かれており、それぞれの季節で優勝チームが決定されます。

 

なお、季節毎におおよその開催地が固定されています。

〈2019年ヴィクトリアシリーズの開催地〉

春季・・京都(わかさスタジアム京都など)

夏季・・愛知、岐阜、静岡など中部地方(一部兵庫県でも開催)

秋季・・東京、埼玉、神奈川など関東地方

プロ野球であれば12球団の各地本拠地で試合を行いますので、北海道で試合をした翌週には福岡で、といったケースも発生しますが、女子プロ野球はチームの移動が最小限に抑制されています。

収益的に厳しい状況の女子プロ野球ですので、移動などのコストを極力抑えたいという背景が想像出来ます。

 

オールスターゲーム

女子プロ野球でもオールスターゲームが実施されます。

開催時期は7月で、1試合開催されます。

2019年度は7月15日(日)に明治神宮野球場で開催されており、女子高校野球をテーマにした人気漫画「花鈴のマウンド」presentsの試合となりました。

同漫画の主人公、桐谷花鈴の通う星桜高校、ライバル柊木美玲が通う京都雅高校に分かれて対決しています。

このようなコラボ企画が多いのは女子プロ野球の特徴ですね。

両チームの監督は元プロ野球選手の小林雅英氏、石井義人氏が務めています。

なお、プロ野球オールスターゲームの出場選手はファン投票、選手投票などで選出されますが、女子プロ野球オールスターゲームの出場選手は両監督のドラフト指名で決定します。

 

ティアラカップ

ティアラカップは4チームで争われるトーナメント大会です。

2019年度は8月に実施されています。

地方球場で開催されており、それぞれで優勝チームが決定されます。

〈2019年度のティアラカップ〉

8月3,4日 ティアラカップ熊本大会

8月17,18日ティアラカップ北海道大会

出場チームはヴィクトリアシリーズに出場する「京都フローラ」「愛知ディオーネ」「埼玉アストライア」の3チームと、育成チーム「レイア」となっています。

レイアの出場可否はチームの成長度によって判断されます。2019年度はレイアの出場は時期尚早とみなされ、新たにトップ3チームから選出した「ライオネス」が4チーム目として出場しています。

 

日本シリーズ女王決定戦

プロ野球の日本シリーズに相当するのが女王決定戦です。

プロ野球と同時期、10月に開催されます。

2019年度はわかさスタジアム京都で開催

ヴィクトリアシリーズ春季リーグ、夏季リーグ、秋季リーグ戦での優勝回数が多い2チームで年間の女王を決めるために戦います。

先に2勝したチームが女王です。

リーグ戦優勝回数が1位のチームには1勝のアドバンテージが与えられているため、1位チームが1勝するか、2位チームが連勝するかといった勝負になります。

 

ジャパンカップ

10月下旬に開催されるのがジャパンカップです。

ジャパンカップとは、プロアマ合わせて開催される大会で、日本一の女子野球チームを決定します。

<ジャパンカップ出場可能チーム>
合計11チームが出場します。
高校4チーム・・・全国高等学校硬式野球選手権大会上位4チーム
大学2チーム・・・全国大学女子硬式野球選手権大会優勝、準優勝チーム
クラブ2チーム・・・全日本女子硬式クラブ野球選手権大会優勝、準優勝チーム
プロ3チーム・・・年間順位1位・2位チームが出場。3チーム目は、年間順位3位のチームとレイアが戦うジャパンカップ出場決定戦で勝利したチーム。

ジャパンカップにはプロチームからは3チーム出場可能ですが、この3チーム目を決定するのがジャパンカップ出場決定戦です。

年間3位チームと育成チームのレイアが対戦し、勝利チームがジャパンカップに出場します。

ジャパンカップ出場決定戦も同じく10月下旬に開催されます。

 

女子プロ野球日程の注意事項

女子プロ野球の観戦計画を立てるにあたって、注意事項をご紹介します。

試合の多くは土日、毎日は無い

プロ野球といえば月曜日を除いて、シーズン中はほぼ毎日試合を行なっています。

一方、女子プロ野球では平日の試合はほとんど開催されません。

土日に休みが取りづらい業種のお仕事の方は、観戦スケジュールを立てるのが難しいかもしれませんね。

 

開催地域が偏っている

女子プロ野球は選手の移動コストを可能な限り抑えていますので、次に近場で試合が開催されるのは数ヶ月後、ということも頻繁にあります。

シーズン序盤に年間スケジュールを確認しておき、いつ、近場の球場で試合が行われるのかを把握しておきましょう。

また、地域は偏っていますが試合が行われる球場は転々と変わります。

観戦する試合を決めたら、球場はしっかりと把握しておき、その他の球場と間違えないよう注意しましょう。

 

女子プロ野球スケジュールまとめ

・3月~10月にかけて試合を実施

・試合は春季、夏季、秋季リーグやカップ戦など細分化されている

・大半の試合が土日に開催される

・試合開催地には偏りがあるので年間スケジュールを要チェック