プロ野球観戦

【メットライフ/西部】ライオンズの遅割が19時入場でお得すぎる件

 

プロ野球では、試合開始以降の途中入場でチケットの割引サービスを実施している球場があります。

当記事では、メットライフドームの埼玉西武ライオンズ戦で実施される「遅割」について、詳しく解説します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

メットライフドームの遅割とは?

メットライフドーム、埼玉西武ライオンズでは従来は割引サービスは採用していませんでしたが、2019年7月から「遅割」を開始しています。

遅割でチケットを購入した場合、19時以降の入場でチケット料金が半額になります。

 

メットライフドームの遅割のポイント

・入場時間は19時

・入場料金は内野席が半額

・チケット購入はオンライン限定

・対象試合は限定的

入場時間は19時

メットライフドームの遅割では、19時以降入場可能となります。

これは途中入場割引サービスの中では千葉ロッテマリーンズの「711チケット」の19時11分を上回る時間帯で、12球団最速の入場時間になります。

19時であればまだまだ試合も前半戦です。

非常にお得なサービスと言えます。

入場料金は内野席が半額

メットライフドームの遅割では、特定の座席が半額になります。

外野席をはじめ、その他の座席は割引の対象外です。

〈割引対象エリア〉

・ライオンズ内野指定席S(3塁側)/内野指定席S(1塁側)

・ライオンズ内野指定席C(3塁側)/内野指定席C(1塁側)

これらの座席が完売の場合、遅割も発売されません。

なお、S席は3400円~3800円、C席は2400円~2800円です。

これが半額になりますので、約2000円~1000円お得なサービスです。

 

チケット購入はオンライン限定

遅割はQuickTicketと呼ばれるスマホチケット限定のサービスとなっています。

球場窓口やコンビニでの購入では割引は受けられませんので注意です。

QuickTicketについては埼玉西武ライオンズの公式ホームページをご参照ください。

 

対象試合は限定的

メットライフドームの遅割は非常にお得なサービスですが、対象の試合は限定的です。

対象の試合は、7月以降開催の平日バリュー・スタンダード試合(※生ビール&チケット半額デー除く)と発表されています。

全ての試合が対象というわけではありませんので、事前に対象の試合を確認しておきましょう。

バリュー・スタンダードなどの試合の分類はライオンズ公式サイトのこちらで確認が可能です。

 

メットライフドームの遅割は一味違う

メットライフドームの遅割は19時入場という入場時間も大きな魅力ですが、最も特徴的な点は「オンライン限定」「事前購入可能」という点です。

オンライン限定と言われると、アナログ派の方にとっては不便に感じることもあるかもしれませんが、このオンライン購入、試合の1週間前から可能なのです。

通常、他球場のこの手の割引サービスは、割引チケットの発売時間まで窓口に並ぶ必要がありますが、メットライフドームの遅割は事前にオンラインで購入可能なので、球場に到着するとすぐに入場出来るのです。

球場に着く頃には割引チケットが売り切れてしまう心配もなく、非常に便利なサービスです。

まとめ

メットライフドームの遅割について、ここまでの内容を箇条書きでまとめます。

・入場時間は19時

・入場料金は内野席が半額

・チケット購入はオンライン限定

・対象試合は限定的

・試合の1週間前から購入可能

2019年7月から開始された新サービス、是非とも利用してみたいですね。

知らないと損!試合途中の入場で割引になるプロ野球格安チケットまとめプロ野球は球場によっては試合開始以降のチケットが割引になるお得なサービスが存在することをご存知でしょうか。当記事では、試合途中で安くなるお得なプロ野球チケットを一覧でご紹介します。...