プロ野球ネタ

【プロ野球無観客試合】いつまで?テレビ・ネット中継は?気になる点をまとめてみた

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で、プロ野球はオープン戦全試合を無観客試合とすることを発表しました。

感染拡大を防ぐためにはやむを得ない判断ですが、プロ野球ファンとしては今後の動向が気になりますね。

当記事では、無観客試合について気になる点についてポイントをまとめます。

 

プロ野球無観客試合のポイント

・12球団オープン戦全試合の無観客試合が決定
・中止や延期、非公開ではなく、あくまでも無観客
・スポーツ、文化イベントの2週間自粛要請が政府から発令

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大に伴い、プロ野球は12球団の臨時代表者会議を2020年2月26日に開催しました。

この会議の結果、2020年プロ野球オープン戦全72試合が無観客試合とする方針が決定され、公表されています。

もともと、ジェット風船応援の自粛や、球団別に無観客試合を検討するなどの動きはありましたが、政府の示した基本方針「スポーツ、文化イベントの2週間自粛要請」を受けて思い切った決断に踏み切ったと考えられます。

政府からは、「多数の人が集まる全国的なスポーツや文化イベントについて、今後2週間は中止や延期、規模縮小を要請する」と25日に決定しています。

プロ野球については中止や延期ではなく、無観客試合という形で規模縮小をはかったというわけですね。

テレビ・ネット中継の動向は?

無観客試合で球場に足を運べないのは残念ですが、状況を踏まえると仕方ないですね。

気になるのは、現地観戦はできないとしても、テレビ中継やネット配信はあるのか?という点です。

結論としては、テレビやネット配信での観戦は可能です。

あくまでも無観客試合の目的は人が集まることを避けることにありますので、テレビやネット配信は問題ないのですね。

ネット配信で有名なDAZNではオープン戦の中継を予定通り配信することが発表されています。そのほか、スカパーや各ネットサービス、TV中継も同様に配信されるでしょう。

 

無観客試合は応援歌もなければ観客の歓声も無い、独特な雰囲気に包まれます。

試合の音だけが聞こえる貴重な映像になると思われますので、この貴重な中継を楽しみましょう。

 

スカパーやDAZN、楽天TVではオープン戦も視聴可能です。
まだ登録していない方は、是非各サービスをご検討ください。

【徹底比較】DAZN・スカパー・楽天TV / プロ野球見るならオススメは?【2020年版】プロ野球中継をはじめ、近年のスポーツ観戦は地上波放送からネット中継が主流となってきました。プロ野球のネット中継配信サービスも多種多様なものが誕生しています。当記事では、プロ野球中継サービスの中でも特に主流である、DAZN・スカパー・楽天TVについて徹底比較し、おすすめのサービスをご紹介します。...

 

無観客試合はいつまで続く?

感染拡大の状況次第ですが、無観客試合はいつまで続くのでしょうか。

オープン戦が全試合無観客試合と発表されたことにより、少なくとも2020年3月15日までは無観客試合となります。

当初政府から出されていた要請は2月25日から2週間のイベントの自粛ですので、3月10日頃までの自粛が求められている状況でした。

 

3月20日であれば、この期間は過ぎており、開幕戦の実施は可能と考えられましたが、結局事態は収束せず、、NPBは開幕の延期を3月9日に発表しています。

 

開幕戦の具体的な日程や、無観客試合を継続するのかの方針は未定です。

 

結局のところ、感染の早期終息を祈るしかありませんね。

 

プロ野球無観客試合まとめ

・2020年オープン戦全試合が無観客試合に

・無観客試合はTV、ネット中継は予定通りアリ

・開幕戦以降は無観客試合の予定は無し(ただし、感染拡大の動向次第では開幕戦の無観客、時期延期の可能性もあり)