プロ野球ネタ

オープナーとは?中継ぎが先発?導入事例を紹介

オープナーという戦術をご存知でしょうか。

2018年、メジャーリーグで流行した戦術で、2019年には北海道日本ハムファイターズも導入しています。

当記事では、オープナーについて解説し、導入事例をご紹介します。

 

オープナーとは?

まずはオープナーの概要と、導入目的を解説します。

オープナーの概要

オープナー戦術とは、リリーフ投手を先発登板させる戦術で、この時に先発登板したリリーフ投手がオープナーと呼ばれます。

オープナーが1,2回を投げ、その後本来の先発投手がロングリリーフする形が主流です。

〈ブルペンデー〉

オープナーの類似の戦略で、ブルペンデーと呼ばれる戦術も存在します。

ブルペンデーは先発投手が投げることはなく、その日の投手を全て中継ぎ投手で補います。

先発投手がロングリリーフとして投げるか否か、という点がオープナーとブルペンデーの違いです。

 

オープナーの導入目的(メリット)

オープナーを導入する目的、メリットとされるポイントは2点です。

・試合開始直後の上位打線を確実に抑える

・先発投手と上位打線の対戦回数を減らす

 

試合開始直後の上位打線を確実に抑える

試合の立ち上がりを苦手とする投手は多いです。

先発投手は出来るだけ長いイニングを投げることが理想なので、ペース配分を考えながら投球します。

一方で立ち上がりに対戦する打者は上位打線なので、ペース配分を考えながら投げると打たれてしまうのですね。

オープナーであれば短いイニングと決まっていますので、ペース配分を意識する必要もなく、初回から全力投球が可能です。

オープナーは初回から全力投球で上位打線を抑えることが仕事というわけです。

 

先発投手と上位打線の対戦回数を減らす

先発投手が6イニング以上を投げると、同じ打者と3回以上対戦するケースが出てきます。

オープナーは、この同じ打者との対戦回数を減らすことも目的とされています。

というのも、対戦回数を重ねるほど、打者はその投手の球筋に慣れてきます。

また、試合終盤になるほど先発投手の体力も落ちてきます。

 

球筋に慣れた状態で球威も落ちると、打たれる確率はグンと上がってしまうのです。

対戦回数が増えれば被打率が上がる点についてはデータ統計上も明らかになっており、オープナーはこの点の対策であるとも言えます。

 

オープナーの導入事例

オープナーは2018年にメジャーリーグで流行し、2019年には日本国内でも試験的に導入され始めています。

メジャーリーグの導入事例

オープナーを正式に戦術として採用したのは、2018年のタンパベイ・レイズが初めてであると言われています。

2018年のレイズは主力選手が移籍してしまったことで、選手層は薄い状況でしたが、オープナーの採用により防御率を改善しました。

このレイズの動きを見た他球団も続々とオープナーを導入し、オープナーは1つの戦術として見なされるようになったのです。

 

日本プロ野球への導入事例

メジャーリーグに追随する形で、日本プロ野球にも導入の動きが見られます。

北海道日本ハムファイターズが公式戦でオープナー戦術を取り入れたのです。

 

初めてオープナーが導入された試合が2019年4月2日の楽天戦です。

加藤投手が先発し3イニング、バーバイト投手が後を受け3イニングを投げています。

6イニングで1失点とまずまずの成果を残したのですが、この日は打線の援護が無くファイターズは敗戦しています。

 

それ以降もファイターズは選手を変えながらオープナーを試しています。

まだ防御率の改善など、明確な効果が日本では見られない状況なので批判も多く、他球団での導入例はありません。

 

なお、ファイターズのオープナーはメジャーリーグに比べると投げるイニングが2~3回と、少し多いのが特徴です。

 

オープナーは日本国内に普及する?

メジャーリーグではある程度オープナーは普及していると言えますが、今後日本ではどうなっていくのでしょうか。

オープナーが日本に普及するためには、いくつかの課題をクリアする必要がありそうです。

〈オープナー普及への課題〉

・オープナーを評価する数値指標が無い

・先発完投型が美徳とされる

・オープナーを実現する選手層が足りない

オープナーを評価する数値指標が無い

現在日本の投手を評価する数値指標には防御率に加えて勝利数、ホールド数、セーブ数などが存在します。

先発投手であれば勝利数、中継ぎ投手であればホールド数、抑え投手であればセーブ数が重要な指標となりますが、オープナーはこのどれもが当てはまらないのです。

仮にオープナーが3回無失点で降板したとしても、勝利、ホールド、セーブのどれもつきません。

 

それにもかかわらず、初回に失点してそのままチームが敗れた場合、オープナーが敗戦投手になってしまうのですね。

あくまでも数値面の話ですが、成績が数字で見えにくいというのは、結果として年棒面も不利になる可能性もあります。

 

これではオープナーを務める選手のモチベーションも上がらないのではないでしょうか。

 

先発完投型が美徳とされる

日本では先発完投型の投手が理想とされていますが、この文化もオープナー普及の阻害要因となりそうです。

「勝利の方程式」と呼ばれるリリーフ投手と守護神を固定する分業体制がようやく定着してきてはいますが、それでもなお「先発投手はいけるところまでいく」という考えは根強いです。

 

メジャーリーグはその日の調子に関わらず一定の球数で先発投手は交代することが一般的なので、日本と比較にならないくらい分業体制は定着しています。

メジャーリーグは分業体制が明確であったため、先発完投型にこだわることもなく、オープナーという新しい役割も受け入れられました。

 

日本にオープナーを導入するとなると、先発完投は捨てることになりますので、抵抗感を抱く方も多いでしょう。

 

このように、オープナー導入には心理的側面の壁も存在します。

 

オープナーを実現する選手層が足りない

最後の課題は、そもそも日本ではオープナーは成り立たないのではないか、という点です。

オープナーは試合開始直後の上位打線を確実に抑える事が求められますので、球威のある、被打率の低い投手が適任です。

 

先発投手が普通に先発するよりも、オープナーの方が打たれるようではオープナー戦術の意味がありませんよね。

メジャーリーグは世界中から選手が集まって来ますので、オープナーに適切な投手を揃えることも可能ですが、日本ではそうもいきません。

 

日本では球威のある被打率の低い投手は、その時点でエースになるか、リリーフや守護神として勝利の方程式に組み込まれているでしょう。

固定されたポジションを崩してオープナーに配置することも可能ですが、そうすると結局「後ろ」が弱体化してしまうので本末転倒です。

 

実際に日本ハムファイターズはオープナーに固定する投手を決めきれず苦労している印象です。

メジャーリーグに比べると選手層が薄い日本においては、「誰をオープナーに抜擢するか」という難しい課題が存在するのです。

 

おわりに

注目のオープナー戦術、メジャーリーグでは成功事例もあり、画期的なシステムと言えます。

一方で導入には課題が多いのも事実です。

結局のところ、先発投手がしっかりと初回から抑える姿が望ましい姿であり、レイズをはじめオープナーを導入したチームは先発ローテーションを揃えることが出来なかったチームです。

現状、オープナーは先発ローテーションを揃えられない場合の苦肉の策ということですね。

とはいえ、上手く役割を固定出来ればチーム成績を改善できるのも事実です。

引き続き今後のオープナーの動向に要注目です。