プロ野球ネタ

【2019年プレミア12】出場選手・日程・結果まとめ【侍ジャパン】

プレミア12とは、4年に1度開催される野球の世界大会で、WBSC(World Baseball Softball Confederation※世界野球ソフトボール連盟)の世界ランキング上位12カ国で競い合います。

2019年11月、プレミア12の第2回大会が開催されます。

当記事ではこのプレミア12の日本代表メンバーや対戦日程、結果についてまとめます。

 

プレミア12日本代表メンバー

まずは2019年10月1日に発表されたメンバーをご紹介します。

メンバーは日本プロ野球の選手で構成されており、各チームの主力の名前が並びます。

東京オリンピックのメンバーも同様の選出となることが予想されます。

出場選手は以下のとおりです。(日本代表で背負う背番号順)

<投手>

11 岸 孝之(楽)

13 山岡泰輔(オ)

16 松井裕樹(楽)(大会前辞退)

17 大竹 寛(巨)(辞退者に代わって追加招集)

18 山口 俊(巨)

19 山崎康晃(De)

20 甲斐野 央(ソ)(辞退者に代わって追加招集)

21 今永昇太(De)

22 大野雄大(中)

28 高橋 礼(ソ)

41 千賀滉大(ソ)(大会前辞退)

43 山本由伸(オ)

44 森原康平(楽)(大会前辞退)

47 中川皓太(巨)

57 嘉弥真 新也(ソ)(辞退者に代わって追加招集)

90 田口麗斗(巨)

<捕手>

10 小林誠司(巨)

27 會澤 翼(広)

62 甲斐拓也(ソ)

<内野手>

1 山田哲人(ヤ)

2 源田壮亮(西)

3 浅村栄斗(楽)

4 菊池涼介(広)

5 外崎修汰(西)

6 坂本勇人(巨)

7 松田宣浩(ソ)

<外野手>

8  近藤健介(日)

9  丸 佳浩(巨)(秋山に代わっての追加招集)

23 周東佑京(ソ)

34 吉田正尚(オ)

51 鈴木誠也(広)

55 秋山翔吾(西)(右足第4趾基節骨骨折のため)

また、球団別の出場人数は以下のとおりです。

巨人 7

DeNA 2

阪神 0

広島 3

中日 1

ヤクルト 1

西武 2

ソフトバンク 6

楽天 2

ロッテ 0

日ハム 1

オリックス 3

当初は巨人、ソフトバンクから最多5名の選出となっていましたが、辞退者との入れ替わりにより巨人が最多の7名、ソフトバンクから6名が選出されています。
阪神、ロッテからは選出がありませんでした。

なお、巨人・菅野、ソフトバンク・柳田、西武・森、山川も通常なら選ばれるべき選手ですが、コンディション不良のため出場を辞退しています。

 

日本代表の2019年プレミア12対戦日程・結果

2019年プレミア12は3段階で構成されています。

・オープニングラウンド

・スーパーラウンド

・決勝、3位決定戦

それぞれの日程、対戦結果は以下のとおりです。

※対戦結果は試合終了次第更新していきます。

 

オープニングラウンド(11/5~7@台中・桃園)

オープニングラウンドでは、日本はBリーグに所属しており、ベネズエラ、プエルトリコ、C.タイペイ(≒台湾)と総当たり戦を戦います。

オープニングラウンドの会場は台湾です。

ベネズエラ、プエルトリコの野球大国に加え、ホームグラウンドであるC.タイペイと、日本は苦しい戦いが続きます。

【試合結果】11/5(火)VS ベネズエラ @桃園

日本の先発は巨人・山口です。
4回に先制を許すも、5回に菊池、鈴木の広島勢による連続タイムリーで逆転します。

しかし6回、前のイニングで好投を見せた山岡が捕まり一挙3失点と再逆転を許します。

試合が大きく動いたのは8回でした。
四球でランナーをためて1アウト満塁。不調の巨人・坂本に代えて代打にヤクルト・山田を送ります。
山田は初球をあわやホームランの特大ファール。
これで球場の空気が変わりました。

山田は押し出しの四球を選び、続く菊池が同点タイムリー、さらに日ハム・近藤の押し出し四球、鈴木の犠牲フライ等、一挙6点を奪います。

9回をDeNA・山崎が締め、見事に初戦勝利を飾りました。

 

【試合結果】11/6(水)VS プエルトリコ @桃園

日本の先発はソフトバンク・高橋礼。
5回2/3をパーフェクトに抑え、6回無失点の好投を見せました。

高橋のパーフェクトピッチングの中、3回の裏、試合が動きます。

2アウトランナーなしの状態から山田の四球と菊池の内野安打でチャンスを作ると、相手の悪送球の間に1点を先制します。

その直後には鈴木の3ランホームランで一気に突き放します。

日本は相手のミスに乗じて得たこの4点を死守。
高橋、嘉弥真、大竹、山本、山崎の完封リレーで試合を締め、2連勝を飾ります。

 

【試合結果】11/7(木)VS C.タイペイ @台中

完全アウェーの中で行われた台湾戦は、鈴木、オリックス・吉田のタイムリーで幕を開けます。幸先いいスタートを切り、さらに3回には鈴木の2試合連続となる2ランホームランも飛び出します。

先発のDeNA・今永もヒットを許しながらも要所を締め3回無失点。
その後は大野、山岡、甲斐野、岸と無失点リレーで繋ぎます。

日本は着実に得点を重ね、終わってみれば8得点。4番鈴木は4打点の大暴れとなりました。

最終回に山本が1点を失ったものの、8-1と快勝。
両チーム11安打とヒット数は同じだったものの、要所を締め、チャンスを着実にものにした日本の勝負強さが光った試合でした。

見事オープニングラウンドを3連勝で突破し、スーパーラウンドへと1位通過を果たします。

 

スーパーラウンド(11/11~16@東京・千葉)

スーパーラウンドはオープニングラウンドの各リーグ上位2チーム、計6チームによって争われます。

全12試合が組まれ、日本がスーパーラウンドに進出した場合の日程は事前に決まっています。

スーパーラウンドは東京ドーム、ZOZOマリンスタジアムで行われます。

 

【試合結果】11/11(月)VS オーストラリア @ZOZOマリン

スーパーラウンド初戦の先発は山口です。
初回を3者凡退に抑えると、2回には3者連続三振に斬ってとる素晴らしい立ち上がりを見せます。

しかし3回、4回には連続で失点。
日本はオーストラリアに2点のリードを許します。

4回の裏には主砲の鈴木が3試合連続となるソロホームランを放ち、1点差に詰め寄ります。

 

その後は両チームランナーを出しながらも得点が入らない展開。
試合が動いたのは7回でした。

 

先頭の吉田が難しい球をセンター前に運び出塁すると、すかさず代走に周東が登場します。

 

2つの盗塁を決めた周東を3塁におき、2アウトになって打席には源田。

見事セーフティスクイズを決め、同点に追いつきます。

 

走塁の切り札、周東が見事にはまった同点劇でした。

 

8回にも日本の勢いは止まりません。

ツーアウトから近藤のツーベースと2つの四球で満塁とすると、浅村は押し出しの四球で逆転成功します。

 

投手陣も山口の後、田口、岸、甲斐野、山崎と無失点リレーを繋ぎ、逆転勝利を演出しました。

 

【試合結果】11/12(火)VS アメリカ @東京ドーム

日本の先発は高橋礼。
アメリカの強力打線の前に苦戦しみ、4回2失点でマウンドを降ります。

4回裏にはスリーベースで出塁した鈴木を3塁に置き、浅村。
見事にタイムリーヒットを放ち、1点を返します。

しかし5回には山岡が捕まりまたも1失点。

6回に再び浅村のタイムリーで1点を返すも、直後の7回には大野がホームランを浴び1点を失い、点を取っても追いつけない展開が続きます。

8回には浅村がチーム全打点となる3点目のタイムリーを放ち、代走の周東を投入するも、チャンスで一本が出ませんでした。

9回の日本の攻撃はオリックスの守護神、ディクソンの前に3者凡退に倒れ、日本はプレミア12初黒星を喫しました。

 

【試合結果】11/13(水)VS メキシコ @東京ドーム

アメリカ戦の敗戦を受け、日本は大幅に打線を入れ替えて試合に臨みます。
相手先発、左腕のラミレスに対して1番~5番までにずらりと右打者を並べる布陣です。

この作戦が見事にはまりました。

初回、鈴木と近藤のタイムリーで2点を先制、2回にも坂本のタイムリーが飛び出し、前半から3点のリードを得ます。

日本の投手陣には3点あれば十分でした。

先発の今永は4回に1発こそ浴びたものの、ヒットはそのホームランのみ。
6回1安打1失点の素晴らしいピッチングでマウンドを後に託します。

続く甲斐野もルーキーらしからぬ落ち着いたピッチング。
四球でランナーは出しますが、無安打2奪三振で7回を抑えきります。

8回にマウンドに上がったのは最優秀防御率投手のオリックス・山本です。
打球処理を焦ったのか、自身のエラーでランナーは出してしまいますが、打たれる気がしない圧巻のピッチング。
150キロ近いフォークボールを中心に3奪三振で無失点に切り抜けます。

最終回は守護神の山崎。
2奪三振を奪い、危なげないピッチングで3者凡退で試合を締めくくりました。

3回以降は得点できずに終わりましたが、日本の投手陣の実力を発揮し、メキシコ相手に投げ勝ちました。

【試合結果】11/16(土)vs韓国 @東京ドーム

前日に決勝進出が決定した日本と韓国の対戦です。

両者ともに決勝進出は決まっていますので、スーパーラウンド1位通過を賭けた決勝前哨戦となりました。

先発は今大会初先発となった岸。

立ち上がりは順調な立ち上がりを見せたものの、日本の特典直後に捕まります。

會澤のツーベース、菊池のタイムリーで先制するも、3回には同点ホームランを被弾。

3回裏には打線が繋がり一挙6得点を挙げるも、4回表には5失点。

乱打戦の様相を見せます。

その後も両チーム得点を重ね、結果的には10-8の大味な試合となりました。

日本は翌日の決勝戦に向けて弾みをつけました。

 

決勝(11/17(日)@東京)

スーパーラウンドの上位2チームで決勝戦、スーパーラウンド3位4位で3位決定戦を戦います。

会場は東京ドームです。

 

11/17(日)決勝戦 VS韓国 @東京ドーム

決勝戦のマウンドを託されたのは山口。

先制点は許したくないところでしたが、初回からホームランを2発浴びる苦しい立ち上がりとなります。

3失点でスタートした初回、日本も黙ってはいません。

今大会大当たりの鈴木がタイムリーで2点差と点差を縮めます。

2回からは投手交代。高橋礼にスイッチします。

高橋が無失点に抑えると、その裏、ランナーを2人置いた場面で山田に打席が回ります。

ファウルで粘って8球目、見事にレフトスタンドに打球を放ち、逆転スリーランとなります。

4,5回を田口がランナーを出しながらも無失点で切り抜けると、6回には中川も無失点投球を見せます。

投手陣が踏ん張る中、打線も得点まで届かない緊迫した展開が続きます。

7回からは侍ジャパン勝利の方程式の登場です。

まずは7回を見事に甲斐野が3人で締めます。

そして7回の裏、先頭の坂本がツーベースで出塁するもツーアウトとなり、打線には浅村。

今大会勝負強さが光る浅村にタイムリーが飛び出し、待望の追加点を奪います。

2点差もあれば、充分でした。

8回をセットアッパーの山本がパーフェクトリリーフ。

9回も山崎が完璧に締め、見事にプレミア12初優勝を飾りました。