プロ野球ネタ

【珍プレールール解説】2017年オリックス・マレーロの幻の本塁打【アピールプレイ】

過去の珍プレー・好プレーについてご紹介し、関連する少し複雑な野球のルールを解説します。

開幕までの退屈しのぎになれば幸いです。

当記事では、2017年6月9日のオリックスVS中日の交流戦で発生した珍プレーをご紹介します。

幻の本塁打として知られ、後日談も豊富なオリックス・マレーロの珍プレーです。
後日談と合わせ、是非ご覧ください。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

【2017年6月9日】オリックス・マレーロの幻の本塁打

まずは対象のプレーを動画でご覧ください。
※動画は(パーソル パ・リーグTV 公式)PacificLeague TVより

2017年にバファローズに加入したマレーロが、来日初ホームランを打ったかに思われたシーンです。

1点を追いかける5回に見事な柵越えを放ち、逆転ツーランホームランかと思われましたが、まさかの本塁踏み忘れにより記録は三塁打となりました。

 

このプレーのルールのポイントを解説

このプレーにおけるルールのポイントは以下の3点です。

・本塁を踏み忘れると、記録は三塁打となる

・本塁空過はアピールプレイである

・アピールプレイはボールインプレー中に行わなくてはならない

本塁を踏み忘れると、記録は三塁打となる

このマレーロの本塁踏み忘れでは、逆転ツーランホームランが同点タイムリースリーベースに記録上修正されました。

ベースの踏み忘れはアウトと判定されますが、踏み忘れた位置でアウトとなるのです。

3塁までは正規に到達していましたので、三塁打となり、1塁ランナー生還の打点1が記録されるという訳ですね。

もし仮に1塁を踏み忘れていれば、記録は便宜上ピッチャーゴロとなります。

過去、この1塁踏み忘れでホームラン取り消しとなったのが、ミスタープロ野球こと長嶋茂雄です。

まだ長嶋がルーキー時代の1958年9月19日の巨人対広島戦、1塁踏み忘れを指摘され、レフト柵超えの打球がピッチャーゴロとなっています。

 

本塁空過はアピールプレイである

マレーロの本塁踏み忘れは語り継がれる「珍プレー」ですが、一方で、これは中日のキャッチャー・松井雅人の「好プレー」でもあるのです。

公認野球規則5.09(C)ではアピールプレイ(アピールアウト)というルールが定義されています。

公認野球規則5.09(C)を抜粋して見てみましょう。

次の場合アピールがあれば、走者はアウトになる。
   (中略)
(4)走者が本塁に触れず、しかも本塁に触れ直そうとしないとき、本塁に触球された場合。

公認野球規則5.09(C)

 

つまり、本塁を踏み忘れていたとしても、アピールが無ければアウトにはならないのです。
審判は、本塁踏み忘れに気が付いていたとしても、自分から積極的にアウトを宣告することはありません。

基本中の基本のプレーではあるものの、中日・松井雅人がしっかりと踏み忘れを確認し、アピールしたからこそ生まれた「幻の本塁打」なのです。

【野球基礎】アピールプレイ/アピールアウトとは?実際の事例と合わせて解説アピールプレイとは、その名のとおりアピールすることで走者をアウトにするを指します。 裏を返せば、アピールが無ければ審判はアウト判定することはありません。 アピールプレイは公認野球規則5.09(C)で規定されています。...

 

アピールプレイはボールインプレー中に行わなくてはならない

アピールプレイは、ボールインプレー中に行わなくてはならないというルールも存在します。

動画を見ると、マレーロが本塁を踏み忘れてから、アウトが宣告されるまでに間があることにお気づきでしょうか。
次の打者、安達が打席に立ち、安達の応援が始まってからアウトが宣告されていますよね。

 

これは、アピールプレイはボールインプレー中に限定されているためです。

柵越えを打つと、その時点でボールデッドとなり、一旦プレーは止まります。(タイムがかかった状態です)

次にボールインプレーになるのは、次の打者が打席に立ち、審判が「プレイ」を宣告したタイミングとなるのです。

 

つまり、マレーロの本塁踏み忘れを発見したとしても、その場でアピールすることは出来ず、次の打者が打席に立ってからアピールする必要があるのですね。

そのため、アウトが宣告されたのは本塁を踏み忘れてから少し間が空いていたのです。

守備側が次のプレイ(投球や牽制等)を始めてしまうと、その時点でアピールの権利は消滅してしまいます。
そのため、アピールプレイは審判のプレイ宣告からすかさずアピールする必要があります。

 

幻のホームランの後日談

このマレーロの幻のホームランには、豊富な後日談があります。

マレーロは2019年シーズンを最後にNPBから去りましたが、まさに記憶に残る男と言えるでしょう。

翌日にはホームランを打ち直し

まさかの本塁踏み忘れにより来日初ホームランが幻のホームランとなったマレーロでしたが、翌日にはきっちりとホームランを打ちなおし、来日初ホームランを記録しています。

この際には、両足できっちりホームインする姿も見せてくれました。

バファローズのマスコットキャラクターであるバファローブル、バファローベルもこの日は控えめにホームインを見守っていました。

踏み忘れ時には盛大にマレーロを本塁付近で出迎えていましたが、この出迎えが本塁踏み忘れの原因の一つではないかとも言われており、出迎えを自粛したようです。

 

「踏み忘れTシャツ」が公式グッズとして発売

タダじゃ転ばないといったところでしょうか。

マレーロの幻のホームランと来日初ホームランを記念して、Tシャツが公式グッズとして発売されました。

ネタとしても面白く、デザインもオシャレということで人気グッズとなりました。
(管理人も購入しました!)

(画像:バファローズ公式サイトより)

 

プロ野球10万号ホームランをマレーロが打つ

2017年9月、プロ野球発足から通算10万号ホームランが近づいてきており、誰がそのメモリアルアーチを放つのか、プロ野球ファンは注目していました。

このプロ野球10万号というメモリアルアーチを放ったのが、マレーロなのです。

来日初ホームランが幻となっていたからこそ、この節目のホームランを打つことが出来たということで、奇跡的なめぐりあわせと言えるでしょう。

ちなみに、もしもマレーロが本塁を踏み忘れていなかった場合は、10万本目はその直前にホームランを打ったチームメイトのT-岡田でした。
マレーロはこのメモリアルアーチで賞金100万円を受け取っていますが、「折半しよう」と岡田が交渉し、マレーロが断った、というエピソードも残っています。

踏み忘れを指摘した松井雅とマレーロはチームメイトに

幻のホームランを生んだキーマンと言えるのが、当時中日の松井雅人でした。

なんとこの松井雅人が、トレードでオリックスに加入し、マレーロとチームメイトになるのです。

オリックスは球団公式インスタグラムで二人のツーショットを掲載し、ファンを沸かせました。