プロ野球ネタ

【プロ野球】歴代/現役アンダースロー(サブマリン)投手一覧(2020年最新版)

野球にはアンダースロー(サブマリン)と呼ばれる下手投げの投球フォームが存在します。

プロ野球の長い歴史を見てもアンダースロー投手として知られる投手は26人と極めて珍しく、現役でも5名しか存在しません。

当記事では、このアンダースロー投手についてご紹介します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

【最新版】歴代/現役アンダースロー(サブマリン)投手一覧

NPBでプレーしたアンダースロー投手は26名です。

うち、現役選手が5名です。

 

<アンダースロー投手一覧>

選手名 主な所属球団
(現役は現在の球団)
プレー期間 NPB通算成績
(2019年終了時)
1 重松通雄 阪急軍、等 1936年~1950年 234試合
防御率3.06
63勝82敗
2 井筒研一 松竹ロビンス 1939年~1952年 245試合
防御率3.47
45勝73敗
3 武末悉昌 西鉄ライオンズ、等 1949年〜1955年 173試合
防御率3.38
49勝46敗
4 武智文雄 近鉄パールス 1950年〜1962年 401試合
防御率2.97
100勝137敗
5 石川緑 中日ドラゴンズ、等 1954年〜1968年 374試合
防御率3.32
62勝60敗
6 弘瀬昌彦 広島カープ、等 1954年〜1965年 348試合
防御率3.32
44勝61敗
7 杉浦忠 南海ホークス 1958年〜1970年 577試合
防御率2.39
187勝106敗
8 足立光宏 阪急ブレーブス 1959年〜1980年 676試合
防御率2.91
187勝153敗3S
9 安藤元博 東映フライヤーズ、等 1962年〜1965年 71試合
防御率2.93
17勝16敗
10 渡辺秀武 読売ジャイアンツ、等 1963年〜1982年 606試合
防御率3.35
118勝100敗8S
11 山下律夫 大洋ホエールズ、等 1967年〜1982年 505試合
防御率3.64
103勝101敗16S
12 須山成二 広島東洋カープ 1967年〜1972年 2試合
防御率0.00
0勝0敗
13 山田久志 阪急ブレーブス 1969年〜1988年 654試合
防御率3.18
284勝166敗43S
14 会田照夫 ヤクルトスワローズ 1971年〜1980年 273試合
防御率4.34
29勝45敗3S
15 堂園喜義 広島東洋カープ 1975年〜1980年 一軍登板なし
16 田中由郎 横浜大洋ホエールズ、等 1976年〜1982年 139試合
防御率4.54
12勝24敗5S
17 仁科時成 ロッテオリオンズ 1977年~1988年 334試合
防御率4.10
110勝108敗
18 松沼博久 西武ライオンズ 1979年〜1990年 297試合
防御率4.03
112勝94敗1S
19 渡辺俊介 千葉ロッテマリーンズ 2001年〜2013年 255試合
防御率3.65
87勝82敗1H
20 会田有志 読売ジャイアンツ 2006年〜2009年 37試合
防御率2.88
3勝2敗7H
21 牧田和久 東北楽天ゴールデンイーグルス 現役(2011年〜) 276試合
防御率2.83
53勝49敗25S54H
22 山中浩史 東京ヤクルトスワローズ 現役(2013年〜) 86試合
防御率4.23
16勝24敗2H
23 加藤正志 東北楽天ゴールデンイーグルス 2015年〜2016年 10試合
防御率5.65
0勝0敗
24 青柳晃洋 阪神タイガース 現役(2016年〜) 54試合
防御率3.20
18勝19敗
25 高橋礼 福岡ソフトバンクホークス 現役(2018年〜) 35試合
防御率3.28
12勝7敗
26 與座海人 埼玉西武ライオンズ 現役(2018年〜) 一軍登板なし


また、現役5選手についても解説します。

次では、この26選手の中でも特に特徴的な山田久志、会田照夫・有志、渡辺俊介について、エピソードをご紹介します。

史上最強のアンダースロー投手は山田久志

名選手も多い歴代アンダースロー投手の中でも、最強のアンダースロー投手と呼ばれる選手が山田久志です。

654試合284勝166敗、防御率3.18の通算成績は圧倒的で、3年連続MVP(最優秀選手)はMVPの連続日本記録です。

野球殿堂入りも果たしている、阪急ブレーブスのレジェンド選手ですね。

 

レア中のレア・親子でアンダースローでプロ入り・会田親子

親子でプロ野球選手になるケースは、時々見られますが、会田照夫(父)、会田有志(子)はどちらも投手として、しかもアンダースロー投手としてプロ入りしています。

ただでさえ珍しいアンダースロー投手ですが、親子そろってアンダースロー投手としてプロ入りしたのは、世界的に見ても例が無いのではないでしょうか。

さらにどちらもプロ野球で勝利を挙げているのですから、見事ですよね。

 

世界一リリースポイントが低い男・渡辺俊介

平成を代表するアンダースロー投手といえば、渡辺俊介を挙げる方は多いでしょう。

1990年に西武・松沼が引退してから、渡辺がプロ入りする2001年まで、アンダースロー投手不在の期間が10年以上続いており、渡辺は久々のアンダースロー投手でした。

渡辺の最大の特徴は、そのリリースポイントです。

アンダースローは下手投げなので、当然リリースポイントは低くなりますが、渡辺のリリースポイントはその低さが際立っていました。

「世界一低いリリースポイント」と称されたそのリリースポイントはまさに地面すれすれで、地面とリリースポイントの間は数センチでした。

地面すれすれだからこその、ワイルドピッチのシーンは有名ですね。

 

令和を代表するアンダースロー投手は誰?

昭和を代表するアンダースローが山田、平成を代表するアンダースローが渡辺とすると、令和を代表するアンダースロー投手は誰になるでしょうか。

2020年現在、現役でプレーするアンダースロー投手は5名です。

実績NO1は2020年にNPBに復帰した楽天・牧田ですが、牧田はどちらかというと平成の終わりをリードしたアンダースロー投手と言えるかもしれません。

 

そうなってくると、2019年に12勝を挙げて新人王を獲得したソフトバンク・高橋礼や、阪神の先発ローテーション投手として定着しつつある青柳が注目株になってきます。

どちらもアンダースローでありながら速球派投手であることが共通点です。

高橋が24歳、青柳が26歳と若く、まさに令和を代表するアンダースローへの期待がかかりますね。

 

ヤクルト・山中は成績は伸び悩んでおり、年齢も34歳と後がない状況になっていますが、投手陣に課題があるヤクルトだけに、貴重なアンダースロー投手として一花咲かせてもらいたいところです。

西武・與座は怪我に苦しみ、2018年にはトミー・ジョン手術を受けたこともあり、一時は育成契約となりました。
2019年には復活を果たし、支配下登録を勝ち取った與座が、今後どのような活躍を見せるのか楽しみです。