オリックス・バファローズ

【新曲/流用】オリックス・バファローズ応援歌 2020年変更一覧【歌詞付き】

当記事では、2020年オリックス・バファローズの新曲応援歌をご紹介します。

難易度が高いと有名なバファローズの応援歌、是非練習してみてください。

なお、新曲・流用の応援告知は大阪紅牛會の公式YouTubeチャンネルで行われますので、バファローズファンはチャンネル登録必須です。大阪紅牛會_公式【応援告知】

新曲が割り当てられたのは3選手

2020年4月末時点で発表された新曲は3曲です。
いずれも期待を裏切らない、カッコいい応援歌になっています。

新曲は福田、ジョーンズ、中川に割り当てられています。

さらにもう1曲作成中との情報もあり、シーズン中の解禁に期待がかかります。

福田周平

火鑽編(通常時Ver)

【前奏】
機先(きせん)を制(せい)するため ここで口火(くちび)を鑽(き)れ

【本篇】
勇(いさ)み立てよ 覚悟を決めた心で
雄渾(ゆうこん)と戦う様(さま)は 勝鬨(かちどき)誘(いざな)う

【曲間】
周平!周平!かっ飛ばせー!

※3コール/コールは「福田」

大阪紅牛會_公式【応援告知】より)

 

2019年にバファローズのキャプテンとして戦った福田に、専用応援歌が割り当てられました。

2019年シーズン中はキャプテンでありながら汎用応援歌だっただけに、ファンからも専用応援歌を望む声は多く、ファン待望の新曲と言えます。

さらに2020年5月には、サクラサク編と題してチャンス時Verも発表されています。

サクラサク編(チャンスVer)

【前奏】
(トランペットの後 )   強くいばけ!! ここでいばけ!!
おがれ! 周平! いばいたれ!!

【本篇】
咲き乱れよ 山中渓(やまなかだに)に咲く櫻(さくら)が如(ごと)く
萌(も)えろ 然(も)えろ この好機(こうき) 生かせ

【間奏】
ここでいばけ!! 強くいばけ!! ここでいばけ!!
おがれ! 周平! いばいたれ!!

大阪紅牛會_公式【応援告知】より)

 

アダム・ジョーンズ

【F.F】
Ohh…
Jonesy と共に

【本編】
行け燦燦(さんさん)と 晴れやかに伸び上がれ
全て巻き込め 話題をさらえ
Go with Number 10

【曲間】
Go! Go! Go Jonesy!! ×2

※ 3コール / コールは「Jonesy」

大阪紅牛會_公式【応援告知】より)

 

2019年オフ、最も球界を賑わしたと言っても過言ではない、バリバリのメジャーリーガー・ジョーンズの専用応援歌です。

超大物の応援歌は何になるのか、注目を集めていましたが、やはり新曲が用意されましたね。

アメリカを連想させるファンファーレに、バファローズの応援歌の中では比較的覚えやすい曲調です。

 

中川圭太

【本編】
出(い)づる不撓(ふとう)の意志 強くその胸に賜ふ(たもう)
とこしえに誉れ髙く 圭太 次代を担(いな)え

【曲間】
中川 中川 かっ飛ばせー中川!

※ 3コール / コールは「中川」

大阪紅牛會_公式【応援告知】より)

 

2019年交流戦で、ルーキーながら首位打者に輝いた中川にも専用応援歌が用意されました。

中川といえば、「最後のPL戦士」とも呼ばれるPL学園出身の選手ですが、応援歌の中で使用されている「とこしえ」というワードはPL学園の校歌とリンクしています。

まさに専用応援歌ですね。

 

5選手には過去の応援歌を流用

2020年には5選手に過去の応援歌流用が発表されました。

モヤ、ロドリゲス、松井(雅)、伏見、佐野への流用が決まっています。

スティーブン・モヤ(ホセ・フェルナンデスの流用)

<歌詞>

身体中から 噴き上がるエナジー
凄腕で打ちのめせ LET’S POWERFUL モヤ

2019年途中に中日から加入したモヤには、同じく助っ人外国人のフェルナンデスの応援歌が流用されました。

なお、応援歌設定に伴い、選手名コールが「スティーブンモー」に決定しています。

 

アデルリン・ロドリゲス(グレッグ・ラロッカの流用)

<歌詞>

渾身の力で 跳ね返せ今 鮮やかに
破壊力抜群 ここで炸裂

2020年シーズンから新加入するロドリゲスには、ラロッカの応援歌が流用されています。

元々、この応援歌は国内の各球団を渡り歩いてきた助っ人(ラロッカやブランコ)に使用されていましたが、歌詞がロドリゲスには合わないということで、一部歌詞が変更されています。

変更前:さすらいの勇者よ ラララ ラロッカ
変更後:破壊力抜群 ここで炸裂

 

松井雅人(鈴木郁洋の流用)

<歌詞>

鼓動が高鳴る この勝負
荒ぶる心 燃え盛れよ雅人

2019年途中に中日から加入した松井雅人には、同じく捕手である鈴木の応援歌が流用されました。

チームを支えるいぶし銀な活躍を期待したいですね。

 

伏見寅威(星野おさむの流用)

<歌詞>

積み重ねたものは 弛(たゆ)まぬ努力の極み
直向(ひたむき)な精神で しぶとく喰らい付け

近鉄最後の打者として有名な、星野おさむの応援歌が16年ぶりに復活しました。

捕手の伏見と内野手の星野ではポジションは異なりますが、打撃が売りの伏見にはぴったりの歌詞です。

伏見のイメージにもマッチしており、ぴったりな流用ではないでしょうか。

 

佐野皓大(エステバン・ヘルマンの流用)

<歌詞>

迷いなく踏み切る力は其処(そこ)に在る
襲い掛かる敵を躱(かわ)し全力で飛び込め

佐野には、ヘルマンの応援歌が流用されました。

ヘルマンは助っ人外国人ながら、瞬足が売りで、日本でプレーした4年間で128盗塁を記録しています。

同じく瞬足が売りの佐野にとってもぴったりな歌詞となっています。

 

【オリックス】2020年チャンステーマ一覧!特徴や歌詞、発動場面をご紹介オリックス・バファローズの応援歌は非常に凝っており、覚えるのが難しいと言われています。当記事では、このオリックスのチャンテ(チャンステーマ)について歌詞や発動シーンを一覧でご紹介します。まずは歌詞を見ながら歌ってみて、覚えていきましょう!...