ネット中継

【パ・リーグTV】何が優れてる?実際に使って分かった本音レビュー!

パ・リーグTVレビュー

「パ・リーグファンなので、「パ・リーグTV」を検討している」
「本当に良いサービスなのか知っておきたい」

当記事では、こういった悩みを解消します。

パ・リーグTV」を実際に契約してみた体験を踏まえ、パ・リーグTVについてまとめます。

 

この記事でわかること
  • パ・リーグTVのサービス概要
  • 契約者が語るパ・リーグ TVのメリット・デメリット
  • パ・リーグTVが向いている人・避けた方が良い人

 

筆者自身は普段はDAZNを利用しておりますが、パ・リーグTVにしかない魅力も存在します。そのため、定期的にパ・リーグTVにも加入し、観戦を楽しんでいます。

パ・リーグTVの魅力が伝われば幸いです。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

野球中継サービスを探している方はこちら!

 

パ・リーグTVの概要

パ・リーグTVhttps://tv.pacificleague.jp/

パ・リーグTVはパシフィックリーグマーケティング株式会社が運営するパ・リーグ公式サービスです。

サービス概要は以下のとおりです。

 

<パ・リーグTVの詳細情報>

運営会社パシフィックリーグマーケティング株式会社
月額(税込)1,595円
※パ・リーグ球団のファンクラブ会員は月額1,045円
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット1画面3試合再生が可能(パソコンのみ)
2012年以降のパ・リーグ主催試合が全て視聴可能
・二軍公式戦も配信
デメリット・パ・リーグのみの割に値段が高い
・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://tv.pacificleague.jp/

 

パ・リーグ主催試合のみの配信ですが、2012年以降のアーカイブが視聴可能等、コンテンツ量はトップクラスです。

メリット・デメリット等については、以下、順番に詳しく解説します。

 

パ・リーグTVのメリット

実際に利用して実感した、パ・リーグTVのメリットは以下のとおりです。

パ・リーグTVのメリット

  • 1画面3試合再生が可能(パソコンのみ)
  • 2012年以降のパ・リーグ主催試合が全て視聴可能
  • 二軍公式戦も配信

 

\2012年以降の試合が視聴可能!/
パ・リーグTVの
申し込みはこちら

 

以下、各メリットについて詳しく解説していきます。

 

1画面3試合再生が可能(パソコンのみ)

パ・リーグTV唯一の機能がこの1画面3試合再生です。

以下のようなイメージですね。

パ・リーグTV マルチ画面イメージ

 

パソコン限定の機能ですが、パ・リーグの試合を全て並べることが出来るのは便利です。

シーズン終盤、各チームの動向が気になる時に活躍してくれます。

 

2012年以降のパ・リーグ主催試合が全て視聴可能

パ・リーグTVで突出している魅力が、過去の試合のアーカイブです。

パ・リーグ主催試合が2012年以降、全て視聴可能です。

(筆者の使い方)

筆者はこの過去の試合のアーカイブを目的にパ・リーグTVを利用することが多いです。

過去の名場面を振り返ったりと、様々な楽しみ方が出来るのでオススメです。

 

なお、他の主要な野球配信サービスの過去アーカイブは以下のとおりです。

<有名配信サービスの見逃し配信期間>

DAZNフルタイム:7日間
ハイライト:30日間
ベースボールLIVE30日間
Rakuten
パ・リーグ
Special
正式公表なし(2021年現在は2018年以降の過去試合がすべて視聴可能)
パ・リーグ
TV
2012年以降の全試合
スカパーなし(ただし、テレビ録画は可能)

 

パ・リーグTVが突出していることが分かりますね。

さすがパ・リーグ公式サービスといったところでしょうか。

 

二軍公式戦も配信

パ・リーグTVでは、二軍公式戦も配信しています。

DAZNや楽天TV、ベースボールLIVE等、主要なサービスは二軍まではカバーできていません。

二軍公式戦の配信は大きなポイントと言えそうです。

パ・リーグTVで配信している二軍戦はあくまでもパ・リーグ主催試合のみです。

二軍戦全てが視聴できるわけではないのでご注意ください。

 

二軍戦配信サービスの詳細はこちら!

 

パ・リーグTVのデメリット

パ・リーグTVを使用していて感じたデメリットは3点です。

契約する場合はデメリットも理解したうえで契約しましょう。

 

パ・リーグTVのデメリット

  • パ・リーグのみの割に値段が高い
  • セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
  • 無料体験がない

 

以下、順番に詳細を解説します。

 

パ・リーグのみの割に値段が高い

パ・リーグTVの月額は1,595円です。(パ・リーグ球団のファンクラブ会員は月額1,045円)

これは他のサービスと比較しても決して安い金額ではありません。

 

<月額(税込)比較>

ベースボールLIVE508円
Rakutenパ・リーグSpecial702円(年額なら月/421円)
パ・リーグTV1,595円
DAZN1,925円
スカパープロ野球セット4,483円

 

パ・リーグのみを配信しているベースボールLIVEやRakutenパ・リーグSpecialと比較すると、倍以上の値段設定です。

むしろ11球団を配信しているDAZNに近い値段ですね。

 

セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)

パ・リーグTVはその名の通り、パ・リーグ主催試合のみ配信しています。

年間で試合数は限られていますが、交流戦等のセ・リーグ主催試合は視聴できません。

全ての試合を見たいという方にとってはマイナスポイントですね。

 

無料体験がない

パ・リーグTVには残念ながら無料体験がありません。

開幕時等、期間限定で無料キャンペーンが実施されていることはありますが、常に無料体験ができるわけではありませんのでご注意ください。

 

まずは無料体験で試してみたいという方は多いので、これはマイナスポイントです。

どうしても無料体験から入りたい場合は、無料期間だけで解約できるDAZNをまずは検討してはいかがでしょうか。

 

\1ヶ月お試し無料!すぐに視聴可/
DAZN公式サイト

 

パ・リーグTVがおすすめな人

以下の条件を満たしている方は、「パ・リーグTV」に加入するのがオススメです。

「パ・リーグTV」をオススメする人

  • パ・リーグ主催試合を見たい(セ・リーグはあまり見ない)
  • 過去の試合もたくさん見たい
  • 値段は高くても構わない
  • 通信環境(Wifi)が整っている

 

是非、パ・リーグTVのメリット・デメリットをしっかりと見極めたうえで契約を検討してみてくださいね。

 

\2012年以降の試合が視聴可能!/
パ・リーグTVの
申し込みはこちら

 

パ・リーグTVを避けた方が良い人

以下の条件にひとつでも当てはまる方は、「Rakuten パ・リーグ Special」は避けた方が良いです。

「パ・リーグTV」を避けた方が良い人

  • セ・リーグ主催試合を見たい
  • 値段をできるだけ安く抑えたい
  • 過去の試合には興味が無い(ライブ配信中心)
  • Wifiが無い
  • 無料体験でお試しをしたい

 

条件に当てはまる方は、まずは以下の記事をご覧ください。

プロ野球配信サービスをまとめておりますので、あなたに合ったサービスが見つかれば幸いです。

野球中継サービスを探している方はこちら!

 

目的別おすすめサービス(概要)

 

パ・リーグTV まとめ

最後に、ここまでの内容をおさらいしましょう。

「パ・リーグTV」レビュー
  • メリット
    1画面3試合再生が可能(パソコンのみ)
    2012年以降のパ・リーグ主催試合が全て視聴可能
    二軍公式戦も配信
  • デメリット
    パ・リーグのみの割に値段が高い
    セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
    無料体験がない

 

当記事が「パ・リーグTV」の加入の参考になれば幸いです。

なお、その他のサービスを探している方は、ぜひ以下の記事も参考にしてみてくださいね。

 

野球中継サービスを探している方はこちら!

 

 

【毎日野球を見ませんか?】DAZNなら1か月無料!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ