ネット中継

【2022年更新】無料あり!プロ野球中継を視聴できるネット配信サービス

プロ野球中継を無料で見る

「地上波でのプロ野球中継が減ってきているけど、もっと毎日プロ野球が見たい」

このように考えているプロ野球ファンは多いのではないでしょうか。

当記事では、プロ野球中継を視聴する方法について、以下の順でまとめております。

地上波放送以外の視聴方法を見つける手助けになれば幸いです。

なお、「広島戦が見たい!」「オリックス戦が見たい!」等、特定の球団を見たい方は以下のリンクをご覧ください。

球団別にオススメの動画配信サービスをまとめています。

福岡ソフトバンクホークス>>ソフトバンク戦を見るならこちら
千葉ロッテマリーンズ>>ロッテ戦を見るならこちら
埼玉西武ライオンズ>>西武戦を見るならこちら
東北楽天ゴールデンイーグルス>>楽天戦を見るならこちら
北海道日本ハムファイターズ>>日ハム戦を見るならこちら
オリックス・バファローズ>>オリックス戦を見るならこちら
読売ジャイアンツ>>巨人戦を見るならこちら
阪神タイガース>>阪神戦を見るならこちら
中日ドラゴンズ>>中日戦を見るならこちら
横浜DeNAベイスターズ>>DeNA戦を見るならこちら
広島東洋カープ>>広島戦を見るならこちら
東京ヤクルトスワローズ>>ヤクルト戦を見るならこちら
気になる内容にジャンプできます。

「本日」のプロ野球ネット中継を見る【無料あり】

「まずは今日のプロ野球を見たい!」という方は以下の表をご覧ください。

一部サービスは無料期間も用意されていますので、積極的に活用しましょう。

2022年5月25日(水)
<プロ野球中継はこちら>
DAZNロゴ
DAZN
(ダゾーン)
スカパーロゴ
スカパー!
プロ野球セット
ベースボールLIVEロゴ
ベースボール
LIVE
楽天TVロゴRakutenTV
パ・リーグ
パ・リーグTVロゴ
パ・リーグ
TV
Jスポーツロゴ
J SPORTS
オンデマンド
ニコニコロゴニコニコ
プロ野球
HuluロゴHulu
(フールー)
パラビロゴParavi
(パラビ)
虎テレロゴ虎テレ
(阪神公式)
巨人ロゴジャイアンツ
TV
公式サイト

3,000円/月
公式サイト
加入月無料!
4,483円/月
公式サイト
最大半年無料!
508円/月
公式サイト

702円/月
公式サイト

1,595円/月
公式サイト

1,980円 /月
公式サイト

無料
公式サイト
2週間無料
1,026円
公式サイト
2週間無料
1,017円/月
公式サイト

660円/月
公式サイト

1,320円 /月
巨人vsオリックス
ヤクルトvs日本ハム
DeNAvsソフトバンク
中日vs西武
阪神vs楽天
広島vsロッテ

※各サービスの詳細は記事後半でご紹介しております。

プロ野球中継を「無料」で見れるネットサービスはコレ!

プロ野球を無料で視聴できる方法は以下の4種類です。

  • ベースボールLIVE(パ・リーグのみ)
    ※最大半年の無料体験
  • Hulu(巨人戦限定)
    ※2週間の無料体験
  • Rakuten パ・リーグSpecial(パ・リーグ一部試合のみ)
  • ニコニコプロ野球チャンネル(DeNA戦限定)

まずはこれら4つの無料で利用できるサービスをご紹介します。

ベースボールLIVE→1~6か月の無料体験(パ・リーグのみ)

ベースボールLIVE

ベースボールLIVEはYahoo!プレミアム会員のサービスの一部です。

Yahoo!プレミアム会員に加入していれば、追加料金なしで視聴出来ます。

Yahoo!プレミアム会員では無い方も、新規加入すると1~6か月の無料期間が発生しますので、お得に視聴することができます。

※無料期間はお使いのYahoo!アカウントによって異なります
※無料期間の判定方法は公表されていません

<ベースボールLIVEの詳細情報>

月額(税込)508円
※Yahoo!プレミアム会員の月額費用
最大6か月間無料
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
メリット・月額が最安値
・Yahoo!プレミアムのその他の特典も受けられる
デメリット・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・対応デバイスが少ない
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://premium.yahoo.co.jp/service/pacificleague/

無料期間はYahoo!アカウント毎に異なっており、Yahoo!IDにログインすると確認できます。

パ・リーグLIVE無料期間

\まずは無料期間をチェック!/
ベースボールLIVE
公式サイト

ベースボールLIVEの詳しい解説については以下の記事を合わせてご覧ください。

Hulu→2週間無料体験

Hulu

意外と知られていないのですが、映画やアニメで有名なHuluは巨人主催試合を配信しています。

このHuluには2週間の無料体験が用意されていますので、この無料体験を活用することで巨人戦を無料で見ることができます。もちろん、無料期間中の解約なら料金は一切かかりません

<Huluの詳細情報>

月額(税込)1,026円
※2週間無料(体験中の解約可
視聴可能な球団巨人主催試合のみ
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ゲーム機
・テレビ
メリット・映画やドラマ、アニメ等も視聴できるサービス
デメリット・プロ野球は巨人戦のみ
公式サイトhttps://www.hulu.jp/

巨人戦を見るだけでなく、これを機会に映画やドラマ、アニメも楽しむのはいかがでしょうか。

独占配信も数多くありますので、ぜひ公式サイトを覗いてみてくださいね。

\2週間無料!無料だけで解約OK/
Hulu公式サイト

Rakuten パ・リーグSpecial(パ・リーグ一部試合のみ)

楽天TV

Rakuten パ・リーグSpecialでは、一部の試合が楽天会員限定で無料LIVE配信されます。

楽天戦に限らず、他のパ・リーグ主催試合も無料配信される可能性がありますので、要チェックです。

無料対象の試合は公式サイトでチェックすることができます。
Rakuten パ・リーグSpecial公式サイトへ

<Rakuten パ・リーグSpecialの詳細情報>

月額(税込)月額プラン702円
年額プラン5,602円
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ゲーム機
・テレビ
メリット・年額プランがお得
・ハイライトや見逃配信も充実
デメリット・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://tv.rakuten.co.jp/pacificleague/

Rakuten パ・リーグSpecialの詳細は以下の記事をご覧ください。

ニコニコプロ野球チャンネル(DeNA戦限定)

ニコニコプロ野球チャンネル

横浜DeNAベイスターズの主催試合はニコニコプロ野球チャンネルで無料配信されます。

他球団主催試合は配信対象外ですが、常に無料で視聴出来るのでありがたいサービスです。

ただし、混雑してくると有料会員(月額500円)が優先されますのでご注意ください。(無料会員は視聴できなくなります)

<ニコニコプロ野球チャンネルの基本情報>

月額(税込)無料(混雑時は視聴不可)
※有料会員は月額500円(混雑時も視聴可)
視聴可能な球団横浜DeNA主催試合
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
公式サイトhttps://site.nicovideo.jp/npb/

「有料」でプロ野球中継をネット視聴するならコレ!

有料サービスも含めて考えると、プロ野球を毎日見る方法は様々です。

中でも扱っている球団数が多くオススメなのが、DAZNとスカパーです。

サービス特徴
DAZNロゴ
DAZN
・月額3,000円(税込)
・広島を除く11球団視聴可能
スカパーロゴ
スカパー!プロ野球セット
・月額4,483円(税込)
・12球団視聴可能

12球団の視聴にこだわるならスカパー!プロ野球セットが必須です。

広島が見れないデメリットはありますが、コスパを重視するならDAZNがおすすめです。

以下、それぞれのサービスの詳細を順番にご紹介します。

DAZN(11球団視聴可)

DAZN

11球団が毎日視聴できるコスパは抜群です。

広島戦が見れない点はデメリットですが、3,000円で毎日プロ野球が楽しめるのはうれしいですね。

<DAZNの詳細情報>

月額(税込)3,000円
視聴可能な球団広島を除くセ・パ11球団
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ゲーム機
・テレビ
メリット・ネット配信サービス最多の11球団が視聴可
・野球以外にも豊富なコンテンツ
・ハイライトや見逃配信も充実
・オリジナル番組「野球トレンド研究所」が面白い
デメリット・ネット配信サービスの中では料金が高い
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://www.dazn.com/

1日換算すると100円未満で見れると考えると、コスパは最高です。

プロ野球以外のスポーツ(Jリーグやテニス等)も多数扱っていますので、スポーツ好きには特におすすめのサービスです。

\11球団がすぐに視聴可/
DAZN公式サイト

なお、DAZNには年間プラン等のお得な契約方法が存在します。

DAZNのプランについては以下の記事でも解説していますので、合わせてご覧ください。

スカパー!プロ野球セット(12球団視聴可)

このCMを見たことがある方は多いのではないでしょうか。

スカパーはプロ野球に力を入れているサービスとして有名です。

プロ野球12球団を1つのサービスで視聴できます

スカパー!といえば衛星放送(CS放送)のイメージが強いですが、スカパー!オンデマンドを利用することでスマホやタブレットでも視聴できます(追加料金不要)

<スカパーの詳細情報>

月額(税込)4,483円
※加入月無料(体験中の解約不可
視聴可能な球団全12球団
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット・12球団の試合が視聴できる
・衛星放送なので、インターネットが無いテレビでも視聴できる
・スカパー!オンデマンドならスマホでも視聴可能
唯一の全球団視聴できるサービス
デメリット・値段が高い
・CSが映らない家庭の場合、アンテナ設置が必要
公式サイトhttps://www.skyperfectv.co.jp/

既にCSが映るご家庭なら、工事も不要で最短30分で視聴できます。(最近は最初からCSに対応している家庭も増えています)

\加入月は無料!12球団視聴可/
スカパー公式サイト

実際にスカパーを利用したレビューについては、以下の記事をご覧ください。

プロ野球中継を配信しているその他サービス一覧

プロ野球を配信しているその他のサービスについてご紹介します。

DAZNやスカパーに比べると視聴できる球団は少なくなります。

要チェックサービス

  • ベースボールLIVE
    パ・リーグファンにはおすすめ!(安いがセ・リーグ主催の交流戦は視聴不可)
  • J SPORTSオンデマンド
    ⇒DAZNで見れないカープ戦が見れる!

<プロ野球配信サービス一覧>
・スカパーの個別チャンネルや、2軍戦を中心に配信しているサービスは割愛しています。

サービス名DAZNロゴ
DAZN
(ダゾーン)
スカパーロゴ
スカパー!
プロ野球セット
ベースボールLIVEロゴ
ベースボール
LIVE
楽天TVロゴRakutenTV
パ・リーグ
パ・リーグTVロゴ
パ・リーグ
TV
Jスポーツロゴ
J SPORTS
オンデマンド
ニコニコロゴニコニコ
プロ野球
HuluロゴHulu
(フールー)
パラビロゴParavi
(パラビ)
虎テレロゴ虎テレ
(阪神公式)
巨人ロゴジャイアンツ
TV
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
月額(税込)3,000円 
※年間プランあり
4,483円 508円 702円
※年間プランあり
 1,595円1,980円 無料 1,026円 1,017円 660円 1,320円 
無料期間無し加入月無料 最大6か月無料 無し 無し 無しー  2週間 2週間無し 無し 
対象球団
(主催試合)
広島を除く
11球団
12球団 パ・リーグ
6球団
パ・リーグ
6球団
 パ・リーグ
6球団
 広島
DeNA
中日(一部)
 DeNA巨人 DeNA 阪神 巨人 
対象試合〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦 
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
(一部)
〇二軍公式戦 
 ×オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
(楽天中心)
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
〇二軍公式戦 
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
(一部)
×二軍公式戦 
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
 ×オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
×二軍公式戦
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
〇二軍公式戦 
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
〇二軍公式戦
対応デバイス〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ


これまに紹介していない残りのサービスについて、以下で順に解説します。

ベースボールLIVE

ベースボールLIVE

パ・リーグファンなら、ベースボールLIVEはアリです。

セ・リーグ主催の交流戦は視聴出来ませんが、月額が安いのでコストを抑えることができます。

Yahoo!プレミアムの漫画雑誌読み放題等の特典が受けられるのもありがたいですね。(特典詳細はこちら⇒Yahoo!プレミアム )

<ベースボールLIVEの詳細情報>

月額(税込)508円
※Yahoo!プレミアム会員の月額費用
最大6か月間無料
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
メリット・月額が最安値
・Yahoo!プレミアムのその他の特典も受けられる
デメリット・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・対応デバイスが少ない
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://premium.yahoo.co.jp/service/pacificleague/

\まずは無料期間をチェック!/
ベースボールLIVE
公式サイト

Rakuten パ・リーグSpecial

楽天TV

年額プランを選択すると、業界最安値の水準となります。(ただし、オフシーズンも継続が必要です)

パ・リーグ専門のサービスですので、パ・リーグファンの選択肢の一つとなるでしょう。

<Rakuten パ・リーグSpecialの詳細情報>

月額(税込)月額プラン702円
年額プラン5,602円
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ゲーム機
・テレビ
メリット・年額プランがお得
・ハイライトや見逃配信も充実
デメリット・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://tv.rakuten.co.jp/pacificleague/

パ・リーグTV

パ・リーグTV

試合数や月額は他サービスに見劣りしますが、1画面で3試合再生ができるのはパ・リーグTV唯一の機能です。

<パ・リーグTVの詳細情報>

月額(税込)1,595円
※パ・リーグ球団のファンクラブ会員は月額1,045円
視聴可能な球団パ・リーグ6球団
※セ・リーグ主催の交流戦は視聴不可
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット1画面3試合再生が可能(パソコンのみ)
・ハイライトや見逃配信も充実
デメリット・パ・リーグのみの割に値段が高い
・セ・リーグ主催試合が見られない(交流戦含む)
・配信速度、画質はネット環境に依存する
公式サイトhttps://tv.pacificleague.jp/

パ・リーグTVを実際に利用した感想は以下の記事でまとめています。

気になる方は合わせてご覧ください。

J SPORTSオンデマンド

Jsportsオンデマンド

広島と中日の主催試合が視聴可能なサービスです。

球団数を踏まえると安くはないサービスですが、広島戦が見れるサービスでは最安値です。

広島戦が見れないDAZNと合わせて加入してはいかがでしょうか。

DAZNとJ SPORTSオンデマンドの併用については以下の記事でまとめています。

関連記事:【お得な裏ワザ】DAZNとJ SPORTSオンデマンドの併用でプロ野球12球団を視聴

<J SPORTSオンデマンドの詳細情報>

月額(税込)1,980円
※25歳以下は990円
視聴可能な球団広島・DeNA・中日(一部)
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット広島戦を視聴できるサービスで最安値
デメリット・視聴できる球団が少ない
公式サイトhttps://jod.jsports.co.jp/baseball

\最安値でカープ戦が視聴可能!/
J SPORTSオンデマンド公式サイト

Hulu

Hulu

映画やドラマ、アニメで有名なHuluは、巨人戦を見ることができます。

<Huluの詳細情報>

月額(税込)1,026円
※2週間無料(体験中の解約可
視聴可能な球団巨人主催試合のみ
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・ゲーム機
・テレビ
メリット・映画やドラマ、アニメ等も視聴できるサービス
デメリット・プロ野球は巨人戦のみ
公式サイトhttps://www.hulu.jp/

Paravi

Paravi

国内ドラマやバラエティー番組で有名なParaviは、DeNA戦を見ることができます。

<Paraviの詳細情報>

月額(税込)1,017円
※2週間無料(体験中の解約可
視聴可能な球団DeNA主催試合のみ
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット・映画やドラマ、アニメ等も視聴できるサービス
デメリット・プロ野球はDeNA戦のみ
公式サイトhttps://www.paravi.jp/

以下の記事ではParaviを野球ファン目線で解説しています。

参考になれば幸いです。

虎テレ

虎テレ

阪神ファンの公式サービスである虎テレは、二軍戦を含めて阪神戦を配信しています。

ビジターゲームを見ることはできませんのでご注意ください。

<虎テレの詳細情報>

月額(税込)660円
※タイガースファンクラブ会員は2か月無料
※1試合220円での購入プランあり
視聴可能な球団阪神主催試合のみ(二軍戦含む)
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット・阪神戦に特化したサービス
・1試合単位での購入が可能
デメリット・阪神戦のみ
公式サイトhttps://movie.hanshintigers.jp/tm/entry

ジャイアンツTV

ジャイアンツLIVEストリーム

ジャイアンツTVは巨人公式サービスです。

巨人主催試合はもちろん、二軍戦も視聴できる点は巨人ファンには魅力ではないでしょうか。

<ジャイアンツTVの詳細情報>

月額(税込)1,320円 
視聴可能な球団巨人
視聴可能なデバイス・スマホ
・タブレット
・パソコン
・テレビ
メリット・巨人戦に特化したサービス
・一軍戦だけでなく二軍戦も視聴可能
デメリット・ヤクルト戦、広島戦、中日戦は対象外
公式サイトhttps://tv.giants.jp/

プロ野球中継が無料でも・・違法配信サイトはNG!

最近は目にすることも激減しましたが、YouTube等で非公式に配信されているプロ野球中継は違法です。

過去にはYouTubeでプロ野球中継を違法配信し、逮捕された事例も存在します。

また、2021年1月1日から施行されている著作権改正法では、違法動画のダウンロードも違法行為となりました(従来は、私的利用の範囲であれば黙認されていました)

違反した場合、「2年以下の懲役、または2百万円以下の罰金、またはその両方」が科されます。

違法配信にかかわることは避けましょう。

プロ野球中継を視聴する方法 まとめ

プロ野球中継を視聴する方法をご紹介してきました。

配信サービスは多いですが、やはり球団数を踏まえるとDAZNかスカパーが突出しています。

以下、プロ野球配信サービスの一覧を再掲載しますので、ご活用ください。

<プロ野球配信サービス一覧>
・スカパーの個別チャンネルや、2軍戦を中心に配信しているサービスは割愛しています。

サービス名DAZNロゴ
DAZN
(ダゾーン)
スカパーロゴ
スカパー!
プロ野球セット
ベースボールLIVEロゴ
ベースボール
LIVE
楽天TVロゴRakutenTV
パ・リーグ
パ・リーグTVロゴ
パ・リーグ
TV
Jスポーツロゴ
J SPORTS
オンデマンド
ニコニコロゴニコニコ
プロ野球
HuluロゴHulu
(フールー)
パラビロゴParavi
(パラビ)
虎テレロゴ虎テレ
(阪神公式)
巨人ロゴジャイアンツ
TV
公式公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
月額(税込)3,000円 
※年間プランあり
4,483円 508円 702円
※年間プランあり
 1,595円1,980円 無料 1,026円 1,017円 660円  1,320円 
無料期間無し加入月無料 最大6か月無料 無し 無し 無しー  2週間 2週間無し 無し 
対象球団
(主催試合)
広島を除く
11球団
12球団 パ・リーグ
6球団
パ・リーグ
6球団
 パ・リーグ
6球団
 広島
DeNA
中日(一部)
 DeNA巨人 DeNA 阪神 巨人 
対象試合〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦 
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
(一部)
〇二軍公式戦 
 ×オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
(楽天中心)
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
〇二軍公式戦 
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
(一部)
×二軍公式戦 
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
 ×オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
×二軍公式戦
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
×二軍公式戦
〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
×日本シリーズ
〇二軍公式戦 
 〇オープン戦
〇公式戦
〇CS
〇日本シリーズ
〇二軍公式戦
対応デバイス〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
〇ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
×テレビ
〇スマホ
〇タブレット
〇パソコン
×ゲーム機
〇テレビ

以下の記事ではプロ野球をテレビで見る方法に特化してご紹介しています。

ぜひこちらも合わせてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【持ってますか?】野球デザインのクレジットカード

 

プロ野球デザインのクレジットカードが存在することをご存知でしょうか。

カードに球団ロゴがデザインされているだけではなく、球団独自の特典が用意されているものもあります。(以下、主な特典)

  • チケット先行販売に参加できる
  • オリジナルグッズや選手のサイン入りグッズが貰える
  • 公式戦やイベントに招待

 

等々、プロ野球ファンなら1枚は持っておきたいクレジットカードです。

当サイトでは、全18種類のプロ野球デザインを画像付きで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

\全18種類を紹介中/
クレジットカード一覧へ

 

※18歳未満の方はクレジットカードの発行はできませんのでご注意ください