野球ニュース

【野球の歴史】プロ野球シーズン試合数の推移【最多154試合/最少108試合】

 

2020年シーズンはプロ野球の試合数が削減されるって報道されているけど、そもそもプロ野球の試合数って何試合だったの?

 

当記事では、プロ野球がセ・パ2リーグ制となった1950年以降の試合数をご紹介し、このような疑問を解決します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

プロ野球試合数の推移

まずは2リーグ制導入以降の試合数の推移をグラフでご覧ください。

当初はリーグの運営方法を模索していたためか、年間試合数も大きく変動していますが、1960年台あたりから徐々に試合数は安定しています。

1970年代~1996年まではセ・パ両リーグともに130試合でした。

その後徐々に増加傾向をたどり、交流戦の試合数見直しに伴い多少の調整を実施しながら、2019年シーズンは143試合となっています。

・試合数は1球団の予定試合数を表しています
・交流戦の試合数を含んでいます
・クライマックスシリーズやプレーオフ、日本シリーズ等のポストシーズンの試合数は含んでいません。
・1973年~1982年のパ・リーグは前期/後期制(各65試合)であったため、合計130試合をシーズン試合数として計算しています。

 

各年度の試合数詳細は以下の表のとおりです。

年度セ・リーグパ・リーグ
1950140120
1951120120
1952120108
1953130120
1954130140
1955130140
1956130154
1957130132
1958130130
1959130130
1960130130
1961130140
1962130130
1963140150
1964140150
1965140140
1966130130
1967130130
1968130130
1969130130
1970130130
1971130130
1972130130
1973130130※
1974130130※
1975130130※
1976130130※
1977130130※
1978130130※
1979130130※
1980130130※
1981130130※
1982130130※
1983130130
1984130130
1985130130
1986130130
1987130130
1988130130
1989130130
1990130130
1991130130
1992130130
1993130130
1994130130
1995130130
1996130130
1997135135
1998135135
1999135135
2000135135
2001140140
2002140140
2003140140
2004140135
2005146146
2006146146
2007144144
2008144144
2009144144
2010144144
2011144144
2012144144
2013144144
2014144144
2015143143
2016143143
2017143143
2018143143
2019143143
2020143143

 

最多試合数は154試合、最少試合数は108試合

上記の表のとおり、最多試合数は1956年パ・リーグの154試合、最少試合数は1972年パ・リーグの108試合となっています。

ただし、1952年のパ・リーグは特殊な方式で順位を決定しており、実質120試合であったと言うこともできます。

1952年のパ・リーグ運用

予選リーグ(108試合)+決勝リーグ(12試合)の合計120試合で順位を決定しています。

当時のパ・リーグは7球団制でしたが、7球団での総当たり戦(予選リーグ)を計108試合、その後、上位4球団での総当り(決勝リーグ)12試合を開催しています。

予選リーグと決勝リーグの結果を合計した勝率を比較し、最終的なリーグ優勝を決定しています。

 

ダブルヘッダー(1日2試合)の事例

かつては交通網も現代ほど整備されていなかったことから、選手の移動にも時間がかかり、過密な試合日程が組まれていました。

そのため、1980年代頃までは頻繁にダブルヘッダー(1日に2試合)が組まれていました。

ダブルヘッダーは選手への負担が大きいことから、1980年代には現象の傾向を見せ、セ・パ両リーグともに1998年以降はダブルヘッダーの開催実績はありません。

2020年シーズンの動向

2020年シーズンでは、当初は2019年シーズン同様に143試合の日程が組まれていました。

しかしながら、新型コロナウイルス感染症の流行による開幕延期を受け、状況は一変しています。
開幕は最速で6月19日(5月時点の見込み)であり、交流戦・オールスターゲームは中止が発表されています。
開幕の遅れに伴い過密日程が想定され、試合数も120試合程度への削減が検討されている状況です。

シーズン試合数が120試合となると、過去最少に匹敵するほどの試合数です。

それでもなお、過密日程となることから、ダブルヘッダーが検討されているとの報道も出ています。

ダブルヘッダーとなると22年ぶりの出来事となりますね。

 

【毎日野球を見ませんか?】DAZNなら1か月無料!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ