プロ野球ネタ

【2020年プロ野球】おすすめ選手名鑑3選!データ充実度・持ち運びやすさは?

2020年2月、いよいよ各社から2020年シーズンの選手名鑑が発売されました。

選手名鑑はプロ野球観戦の必需品です。

既に購入した方、購入を検討している方も多いでしょう。

とはいえ、選手名鑑は10種類以上もの数が各社から発売しており、どの選手名鑑を買っていいのか迷いますよね。

当記事では、数多くあるプロ野球選手名鑑の中から、厳選した3冊をご紹介します。

それぞれ特徴が異なっており、3冊まとめ買いもおすすめです。

 

【2020年】おすすめプロ野球選手名鑑3選!

多種多様な選手名鑑の中から、管理人が厳選したのはこちらの3冊です。

・プロ野球カラー名鑑2020(ベースボール・マガジン社)
・プロ野球オール写真選手名鑑 2020( 日本スポーツ企画出版社)
・12球団全選手カラー百科名鑑2020(廣済堂出版)

それぞれに特徴がありますので、1冊ずつオススメポイントを解説していきます

 

球場に持ち込むならコレ!プロ野球カラー名鑑

 

黄色い表紙がトレードマークのプロ野球カラー名鑑2020(ベースボール・マガジン社)は、現地観戦組から長らく愛されてきた選手名鑑です。

その特徴はポケットサイズの持ち運びやすさと、最低限の情報が集約された無駄のないレイアウトです。

 

基本情報
発売日  : 2020年02月17日
出版社  : ベースボール・マガジン社
ページ数 : 354p
掲載選手数: 全選手
サイズ  : 14.8×10.5x2cm(文庫本サイズ)

アピールポイント
・持ち運びに便利なポケットサイズ
・コンパクトな1冊に全選手が収録
・ポジション、背番号順で探しやすいレイアウト

何といってもそのコンパクトな持ち運びやすさが人気の一冊です。

全選手が掲載されているため、球場に持ち込み、この選手名鑑を片手に試合観戦するファンも多いです。

特に二軍戦では、背番号から選手名や選手の特徴を調べたい場面も多く出てきますので、二軍観戦や現地観戦には必携の一冊と言えるでしょう。

 

 

 

データ充実度NO1!プロ野球オール写真選手名鑑

 

プロ野球ファンの間ではSlugger(スラッガー)と呼ばれるプロ野球オール写真選手名鑑 2020( 日本スポーツ企画出版社)は何といってもその情報量が売りです。

データ充実度はどの選手名鑑と比べても圧倒的NO1です。

基本情報
発売日   : 2020年02月17日
出版社   : 日本スポーツ企画出版社
ページ数  : 257p
掲載選手数 : 全選手(詳細データは主力選手のみ)
サイズ   :25.6x18x1cm(大きめ)

アピールポイント
・圧倒的な情報量
・セイバーメトリクス解説
・前年のWARランキング

プロ野球ファンであれば買わない理由はない、と言っても過言ではない選手名鑑がこちらです。

主力選手(各選手24名)の情報量は圧倒的で、投手であれば球種別の投球割合や、投球ゾーンのデータ、野手であれば打球方向やバッティングゾーン別のデータなど、様々なデータがまとめられています。

過去の公式記録はもちろん、WARやUZRをはじめとするセイバーメトリクス指標や、前年のWARランキングもまとめられており、プロ野球ファンにとってはじっくり読みこみたい一冊です。

また、WARとは?UZRとは?OPSとは?といったセイバーメトリクスの指標そのものの解説もまとめられており、セイバーメトリクスに詳しくない初心者にとっても勉強になります。

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を解説!近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。データ野球が活発化してくる中で注目度が高まっています。当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。...

持ち運ぶにはやや不便な大き目のサイズですが、自宅でじっくり読み込む選手名鑑として、手元に置いておくのがオススメです。

 

 

全選手+解説者も収録!12球団全選手カラー百科名鑑

 

持ち運びやすさ、情報量、の観点では前述の2冊には敵わないものの、その独特の内容で3冊目としてオススメしたいのが12球団全選手カラー百科名鑑2020(廣済堂出版)です。

選手の写真が比較的大きいのが特徴ですが、それに加えて解説者やプロ野球アナウンサーの紹介ページが掲載されています。
解説者の名鑑が掲載されているのは、こちらの選手名鑑唯一の特徴です。

基本情報
発売日   : 2020年02月20日
出版社   : 廣済堂出版
ページ数  : 300p
掲載選手数 : 全選手
サイズ   : 21×14.8x1cm(やや大きめ)

アピールポイント
・選手の写真が大き目
・解説者名鑑
・アナウンサー紹介

 

他選手名鑑と内容が被らない、解説者名鑑とアナウンサー紹介は必見です。

特に解説者名鑑は懐かしい顔ぶれを見ることが出来るので、長年のプロ野球ファンにとっては楽しい内容となるでしょう。

選手名鑑としては、先述の2冊の方が充実していますが、独自コンテンツの強みが特徴の1冊です。他の2冊を購入したうえで、追加の1冊として購入するのがオススメです。

 

 

 

【2020年】おすすめプロ野球選手名鑑まとめ

数多く存在する中から、どの選手名鑑を購入するか。

それは選手名鑑の使用目的によって決定するのが良いでしょう。

現地観戦のお供として、持ち運びやすさを重視するのか、読み物として情報量を重視するのか、人によって重要なポイントは異なりますよね。

管理人としてはここで紹介した3冊は自信を持って紹介できる3冊です。

気になる選手名鑑が見つかった方は、是非購入を検討してみてください。