プロ野球ネタ

プロ野球最年長選手まとめ!歴代最高齢/現役年齢ランキング!

近年はプロ野球選手もベテランの活躍が目立ちますよね。

それでも40歳を過ぎると、引退を決断する選手も少なくはありません。

当記事では、プロ野球のベテラン選手について、以下の観点でまとめます。

 

この記事の主な内容
  • 歴代最年長選手、山本昌について(引退:50歳)
  • 歴代最年長野手、浜崎真二について(引退:48歳)
  • 近年のベテラン年齢ランキング

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

プロ野球の最年長記録

プロ野球における最年長選手は中日ドラゴンズでプレーした山本昌です。

また、山本昌に次ぐ歴代2位の記録は阪急ブレーブスでプレーした浜崎真二です。

まずはこの2選手についてご紹介します。

 

歴代最年長記録は山本昌の50歳

歴代最年長プロ野球選手は中日・山本昌で、50歳で引退しています。

2015年まで「生けるレジェンド」と呼ばれながらプレーした選手ですので、記憶に新しい方も多いでしょう。

山本昌は数々の最年長記録を樹立しています。

<山本昌の最年長記録一覧>

  • 最年長出場(50歳2ヶ月)
  • 最年長打席(49歳1ヶ月)
  • 最年長登板(50歳2ヶ月)
  • 最年長先発(50歳2ヶ月)
  • 最年長勝利(49歳)
  • 最年長完投(45歳)
  • 最年長完封(45歳)
  • 最年長奪三振(49歳12ヶ月)
  • 最年長ホールドポイント(47歳1ヶ月)
  • 最年長ノーヒットノーラン(41歳7ヶ月)

最年長記録の一覧を見るだけでも、山本昌がいかに偉大な選手であるかが分かりますよね。

なお、山本昌は引退した2015年に自叙伝を出版しています。

なぜ山本昌が50歳まで現役を続けることができたのか?

その理由を知りたい方はご一読ください。

野手最年長・歴代2位の最年長記録を持つのは浜崎真二

最年長記録の第2位は阪急ブレーブスでプレーした浜崎真二です。

阪急でプレーしたのは1947年~1950年までのたった3年でした。

1950年シーズンを48歳という年齢でプレーしており、山本昌に最年長記録を破られるまで、64年間最年長記録を保持していました。

また、浜崎がプロ野球に入団したのは45歳の時であり、こちらは現在も破られていない史上最年長入団記録です。

 

近年のプロ野球における最年長記録

ここからは、近年のプロ野球におけるベテラン選手をご紹介します。

山本昌の記録が破られる気配はありませんが、40歳を過ぎても元気にプレーを続けるベテラン選手は多いです。

 

2019年現役プロ野球選手の年齢ランキング

2019年の現役選手の年齢ランキングは以下のとおりです。

ここでは、2019年ペナントレース終了時点(9月30日)で40歳を迎えている選手を対象としています。

選手名所属年齢生年月日
上原 浩治巨人44歳1975/4/3
福浦 和也ロッテ43歳1975/12/14
福留 孝介阪神42歳1977/4/26
山井 大介中日41歳1978/5/10
阿部 慎之助巨人40歳1979/3/20
能見 篤史阪神40歳1979/5/28
五十嵐 亮太ヤクルト40歳1979/5/28
石原 慶幸広島40歳1979/9/7

 

2019年ペナントレース終了時点で40歳を超えているのは8選手ですが、現役最年長のツートップである上原、福浦や阿部は2019年シーズン限りでの引退を表明しています。

 

2020年現役プロ野球選手の年齢ランキング

上原、福浦の引退を受け、2020年現役選手の年齢ランキングも様変わりします。

ここでは2020年シーズン中(~2020年9月30日)に40歳を迎える選手を対象とします。

※表示している年齢は2019年9月末時点のものです。

選手名チーム年齢生年月日
福留 孝介阪神42歳1977/4/26
山井 大介中日41歳1978/5/10
能見 篤史阪神40歳1979/5/28
五十嵐 亮太ヤクルト40歳1979/5/28
石原 慶幸広島40歳1979/9/7
細川 亨ロッテ39歳1980/1/4
石川 雅規ヤクルト39歳1980/1/22
久保 裕也楽天39歳1980/5/23
藤川 球児阪神39歳1980/7/21
松坂 大輔中日39歳1980/9/13

 

上原、福浦の引退により最年長選手が入れ替わり、球界最年長は阪神・福留となります。

また、投手最年長は中日・山井です。

ついに松坂もランクインしており、時の流れを感じる結果となりました。

直近10年で45歳を超えたプロ野球選手は6選手

2009年以降、45歳以上で現役シーズンを迎えた選手をご紹介します。

引退年選手名チーム
(引退時)
年齢
2015年山本昌中日50歳
中嶋聡日ハム46歳
谷繁元信中日45歳
斎藤隆楽天45歳
2013年山﨑武司中日45歳
2010年工藤公康西部47歳

 

過去10年で見ても、45歳を超えた選手となると人数はぐっと少なくなります。

山本昌を含めても6名だけです。

いかに年齢を重ねて現役を続けるかが難しいのかがわかりますね。

 

プロ野球最年長選手まとめ

ここまでの内容を簡単にまとめます。

プロ野球最年長選手
  • 歴代最年長は山本昌で50歳
  • 歴代2位の記録は浜崎で48歳
    ⇒山本昌に記録を破られるまで64年間記録を保持
  • 2019年最年長は上原、2位は福浦でともに引退
  • 2020年最年長は福留、2位は山井
  • 45歳以上でプレーした選手は過去2009年以降で6人のみ

最年長記録を見ると、いかにベテランがプレーを続けるのが難しく、偉大なことかが分かりますね。

松坂世代と呼ばれる黄金世代も2020年には40代に突入します。

今後もベテラン選手の活躍に期待しましょう。

 

【1か月無料】オープン戦を見るならDAZN!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ