セイバーメトリクス

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を解説!

近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。

セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。

データ野球が活発化してくる中で注目度が高まっています。

当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。

 

セイバーメトリクスとは?

セイバーメトリクスとは、野球をデータから分析する分析手法です。

アメリカ野球学会、SABR(Society for American Baseball Research)が語源となっている、アメリカ発の手法です。

1970年頃から提唱されている手法ですが、近年、データの重要性が増してきている中で注目を集めています。

 

旧来の分析手法の問題点

野球で選手を評価する指標といえば、打率や打点、勝利数、防御率などが思い浮かぶのではないでしょうか。

日本プロ野球においては、これらの成績で主に選手を評価しており、表彰も行われます。

 

一方、メジャーリーグ等のセイバーメトリクスを重視するリーグでは、これらの旧来の指標の重要性が低下してきています。

 

というのも、これらの旧来の指標は「本人の能力」を正確に測ることが出来ていないと考えられているのです。

 

打点や勝利数が分かりやすい例です。

 

打点を挙げるためには、塁上にランナーを置いておく必要があります。

極端な話、前の打者が出塁しない限り、たとえ毎打席ツーベースを打っても打点はつかないのです。

打点が運や他打者などの要素に左右されることが分かりますね。

 

勝利数も同様です。

5回5失点でも、味方が6点取ってくれれば勝利数は増えますし、9回無失点でも味方の援護が無ければ勝ち星はつきません。

また、8回無失点、1点リードでマウンドを降りたとしても、9回に他投手が逆転を許せばこちらも勝ち星はつきません。

本人の投球内容と勝利数は直接結びつく訳ではないのですね。

 

セイバーメトリクスでは、旧来の指標では明らかに出来なかった「選手の本当の貢献度」に注目しています。

以下では、頻繁に用いられる有名なセイバーメトリクス指標をご紹介します。

 

近年注目を集める有名な指標

以下の指標は目にする機会も増えているのではないでしょうか。

・OPS

・UZR

・QS

・WHIP

 

打者指標:OPS

オプス、オーピーエスと呼ばれ、On-base plus sluggingの頭文字を取っています。

算出はシンプルで、出塁率と長打率を足し合わせた数値です。

打者を評価する主要指標として用いられます。

.700あたりが並の打者とされ、.900を超えてくるとMVP級の活躍と評価されます。

【野球指標】OPSとは?計算方法・使用方法・歴代ランキング!近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。最近は聞きなれない野球指標を目にすることも増えたのではないでしょうか。当記事では、打撃指標OPS(オプス、オーピーエス)について解説します。...

 

守備指標:UZR

UZRとは、アルティメット・ゾーン・レーティング(Ultimate Zone Rating)の頭文字を取っています。

算出方法は複雑で、「平均的な選手と比べて、守備でどれだけ貢献したか(失点を防いだか)」を評価する守備指標です。

平均の選手が0点で、10点を超えると優秀な選手とされます。

15点を超えると名手と呼ばれるレベルです。

UZRは平均以下の選手はマイナス評価がつきます。

【野球指標】守備指標UZRとは?計算方法・評価基準は?弱点も解説近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。 野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。 ...

 

先発投手指標:QS

QSとは、クオリティ・スタート(Quality Start)の頭文字を取っています。

先発投手が6イニング以上を投げ、自責点を3点以内に抑えた時に記録されます。

勝利投手よりも運の要素が少ないため、選手自身の能力をより正確に把握することが出来ます。

QS率(QS回数÷先発登板回数)と合わせて、先発投手の安定感を測る指標として注目されています。

【野球指標】QS・HQSとは?成績の味方・2019年シーズン成績ランキング!近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。最近は聞きなれない野球指標を目にすることも増えたのではないでしょうか。当記事では、先発投手の指標QS(クオリティ・スタート)について解説します。...

 

投手指標:WHIP

WHIP(ウィップ)は、Walks plus Hits per Inning Pitchedの頭文字を取っています。

直訳すると「1イニングあたりの与四球・被安打数の合計」です。

要するに、1イニングあたりに何人のランナーを出すか、ということですね。

1.00を下回ると、エース級の 働きと言えます。

WHIPはメジャーリーグでは公式記録として記録されており、投手能力を測る重要な指標と位置づけられています。

【野球指標】WHIPとは?計算方法や見方・2019年シーズンランキング!近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。最近は聞きなれない野球指標を目にすることも増えたのではないでしょうか。当記事では、投手指標WHIP(ウィップ)について解説します。...

 

おわりに

セイバーメトリクスを理解すると、野球観戦がさらに楽しくなるのは間違いなしです。

また、ゴールデングラブ賞の受賞者と、UZRのランキングを見比べてみると不思議な現象に気がつくかもしれません。

また、セイバーメトリクスに関する書籍も多数存在してますので、手に取ってみるのも良いでしょう。

 

いわゆる教科書のような解説本に加え、映画化されたマネーボールやドラマ化されたルーズベルトゲームもセイバーメトリクスを取り入れた物語です。

セイバーメトリクスの理解を深め、さらに野球沼にハマっていきましょう!