セイバーメトリクス

【野球指標】WHIPとは?計算方法や見方・2019年シーズンランキング!

近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。

野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。

最近は聞きなれない野球指標を目にすることも増えたのではないでしょうか。

当記事では、投手指標WHIP(ウィップ)について解説します。

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を分かりやすく解説!近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。...

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

WHIP(ウィップ)とは?

WHIPはウィップと読みます。

Walks plus Hits per Inning Pitchedの頭文字を取った言葉で、直訳すると「1イニングあたりの与四球、被安打数の合計」です。

要するに、1イニングにどれだけランナーを出すか、という投手能力を評価する指標です。

 

WHIPの計算方法

WHIPの計算方法はシンプルです。

WHIPの計算式

WHIP = 与四球数 + 被安打数 ÷ 投球回数

1イニングあたりに何人の走者を出しているかを算出しています。

なお、計算式に死球やエラーによる出塁は含みません。

 

WHIPの使用方法・成績の見方

WHIPは投手の安定感を評価する指標として活用されることが多いです。

投手の安定感を測る指標といえばQS(クオリティ・スタート)が存在しますが、QSは先発投手を対象とした指標であるのに対し、WHIPは全ての投手に適用が可能です。

先発投手、抑え投手と役割が異なる投手を比較できるのは面白いですね。

投球回数が少ないとWHIPの変動が大きくなるため、ランキングを作成する際などは規定投球回数の条件が設定されることが一般的です。

WHIPは1.00を下回ると素晴らしい成績とされており、WHIP1.00はエース級投手であると評価出来ます。

<WHIPの評価基準>

WHIP 評価
1 素晴らしい
1.1 非常に良い
1.25 平均以上
1.32 平均
1.4 平均以下
1.5 悪い
1.6 非常に悪い

 

WHIPの2019年シーズンランキング

2019年シーズンのWHIPランキングをご紹介します。

なお、このランキングでは規定投球回数を達成した投手をランキング対象とします。

〈セ・リーグ〉

選手名 所属 防御率 WHIP
大野 雄大 中日 2.58 0.98
今永 昇太 DeNA 2.91 1.08
西 勇輝 阪神 2.92 1.13
山口 俊 巨人 2.91 1.16
柳 裕也 中日 3.53 1.19
ジョンソン 広島 2.59 1.21
大瀬良 大地 広島 3.53 1.22
青柳 晃洋 阪神 3.14 1.3
小川 泰弘 ヤクルト 4.57 1.31

 

〈パ・リーグ〉

選手名 所属 防御率 WHIP
有原 航平 日本ハム 2.46 0.92
山本 由伸 オリックス 1.95 0.96
高橋 礼 ソフトバンク 3.34 1.14
千賀 滉大 ソフトバンク 2.79 1.16
山岡 泰輔 オリックス 3.71 1.17
美馬 学 楽天 4.01 1.18

 

12球団トップのとなったのは0.92で日ハム・有原でした。

WHIP1.00をクリアしたのは有原に加えてオリックス・山本、中日・大野と3人に留まりました。

いかにWHIP1.00をクリアするのが難しいかが分かりますね。

 

なお、WHIPはプロ野球公式記録としては記録されていませんが、歴代選手に対して計算するとシーズン日本記録は1936年まで遡ります。

大阪タイガースの景浦将が1936年秋シーズンにWHIP0.72を記録しており、その後現在に至るまで誰にも破られていない驚異の記録となっています。

 

WHIPまとめ

WHIPはランナーをどれだけ出すか、という指標であるため、その値が小さいほど3者凡退に抑えることが多い、という訳です。

3者凡退は味方打線にもいいリズムを生み出します。

WHIPで優れた成績を残すということは、チームを代表するエースの条件と言えるのではないでしょうか。