セイバーメトリクス

【野球指標】OPSとは?計算方法・使用方法・歴代ランキング!

近年、野球界で注目を集めているセイバーメトリクス。

野球に統計学を持ち込み、データを使って選手評価や戦略立てを行う手法です。

最近は聞きなれない野球指標を目にすることも増えたのではないでしょうか。

当記事では、打撃指標OPS(オプス、オーピーエス)について解説します。

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を解説!近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。データ野球が活発化してくる中で注目度が高まっています。当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。...

 

OPS(オプス、オーピーエス)とは?

OPSはオプス、オーピーエスと読みます。

打者の能力を評価する、打者評価指標として使用されています。

 

OPSの計算方法

OPSの計算方法は非常にシンプルです。

OPS = 出塁率 + 長打率

出塁率が.300、長打率が.500という選手がいた場合、この選手のOPSは.800になるという訳ですね。

たくさん出塁して、長打をたくさん打てる選手ほどOPSは高くなります。

出塁率と長打率は日本プロ野球機構で公式に記録されている値で、以下のように定義されています。

出塁率 = (安打数+四球+死球)÷(打数+四球+死球+犠飛)

出塁率とは、打数、四球、死球、犠飛の合計数のうち、四球、死球、安打で出塁した割合を表します。犠飛のときは出塁ではないので出塁率は下がります。犠打も出塁ではないですが計算から除かれている為、出塁率は変わりません。また失策で出塁したときは、打数が1増えるだけなので出塁率は下がります。
NPBホームページより)

長打率 = 塁打数÷打数

長打率とは、1打数あたりの塁打数の平均値を表します。塁打とは、「単打=1、二塁打=2、三塁打=3、本塁打=4」として計算します。1打数1安打1本塁打の選手は、塁打数の4を打数の1で割るので、長打率4.000となるわけです
NPBホームページより)

 

OPSの使用方法・成績の見方

計算式のとおり、OPSが高い打者はたくさん出塁し、長打も打てる打者ということになります。

要するに、点が取れる打者ですね。

OPSは得点能力との相関関係が強い指標なのです。

そのため、OPSは打者の得点能力を測る指標として用いられます。

 

では、OPSが高い打者とは具体的にどの程度の数値の打者を指すのでしょうか。

一般的に、OPSの数値は以下のように解釈されています。

ランク 評価 OPSの範囲
A 素晴らしい .9000以上
B 非常に良い .8334 – .8999
C 良い .7667 – .8333
D .7000 – .7666
E 平均以下 .6334 – .6999
F 悪い .5667 – .6333
G 非常に悪い .5666以下

打率で3割という好打者の一つの目安があるように、OPSにも目安が設定されているのですね。

 

OPSの弱点

計算方法が簡単で、得点能力との相関関係も強いため、OPSは頻繁に使用されるようになって来ました。

しかし、このOPSにも弱点があります。

それは、長打を大きく評価しすぎており、走塁能力や盗塁能力が考慮されていない点です。

具体例を挙げて解説します。

〈選手A〉
4打数でツーベースを1本打った

〈選手B〉
4打数でシングルヒット1本、盗塁を決めた

どちらが得点能力が高いと思いますか?

ランナー2塁という状況を作り上げたという意味では、両者の得点への貢献度はほぼ同じと言えるでしょう。

2塁から本塁への走力を踏まえると、選手Bのほうがややリードしているとも言えるかもしれません。

 

では、選手A、BのOPSはどうなるでしょうか。

〈選手A〉
出塁率 = 1 ÷ 4 =.250

長打率 = 2 ÷ 4 =.500

OPS = .250 + .500 = .750

〈選手B〉
出塁率 = 1 ÷ 4 =.250

長打率 = 1 ÷ 4 =.250

OPS = .250 + .250 = .500

OPSを計算すると、大きく差が生まれてしまいました。

ツーベースを打った選手Aの方が、.250もリードしていますね。

このように、OPSは長打力に重きが置かれてしまっているため、長距離打者の数値が伸びやすく、瞬足巧打の打者の数値が伸びにくい傾向があります。

OPSを参照する時は、選手のタイプを考慮して見るのが良いでしょう。

 

OPSの歴代ランキング

OPSの歴代ランキングをご紹介します。

時代を代表する打者の名前がずらりと並びます。

<シーズン成績ランキング>

順位 選手名 所属 OPS 記録年
1 王貞治 読売ジャイアンツ 1.293 1974年
2 ランディ・バース 阪神タイガース 1.258 1986年
3 王貞治 読売ジャイアンツ 1.255 1973年
4 落合博満 ロッテオリオンズ 1.244 1985年
5 ウラディミール・バレンティン 東京ヤクルトスワローズ 1.234 2013年
6 落合博満 ロッテオリオンズ 1.232 1986年
7 アレックス・カブレラ 西武ライオンズ 1.223 2002年
8 王貞治 読売ジャイアンツ 1.211 1967年
9 王貞治 読売ジャイアンツ 1.21 1966年
10 王貞治 読売ジャイアンツ 1.204 1976年

 

<通算成績ランキング>

順位 選手名 OPS
1 王貞治 1.08
2 松井秀喜 0.996
3 アレックス・カブレラ 0.993
4 落合博満 0.987
5 タフィ・ローズ 0.94
6 張本勲 0.9334
7 中西太 0.9325
8 小笠原道大 0.931
9 松中信彦 0.927
10 ブーマー・ウェルズ 0.9267

 

通算成績でOPSが1.000を超えているのは王貞治のみです。

いかにOPS1.000を維持するのが難しいかが分かりますね。

 

OPSまとめ

OPSは計算方法が簡単で、得点能力との相関関係も強いため、使用されることが増えてきています。

走力が考慮できていないという弱点はあるものの、便利な野球指標であることは間違いありません。

今後はOPSにも注目して選手成績を見て見ると、選手の貢献度がさらに深く見えてくるのではないでしょうか。