プロ野球基礎知識

【野球基礎】長打率とは?計算方法は?「長打を打つ確率」ではありません!

野球には様々な数字が登場します。

打率、出塁率、打点、防御率、勝率 etc・・

近年はセイバーメトリクスと呼ばれる野球に統計学が用いられるようになり、さらに複雑な数字も誕生しました。

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を解説!近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。データ野球が活発化してくる中で注目度が高まっています。当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。...

とはいえ、野球に詳しくない方にとってはそれぞれの数字の意味、計算方法もサッパリ分かりませんよね。

当サイトでは、野球観戦初心者に向けて、野球に関する数字を簡単に解説します。

当記事のテーマは長打率です。

よくある誤解とあわせてご紹介します。

 

長打率とは?長打率の計算方法

長打率とは、1打席あたりの塁打数の平均値を指します。

塁打数とは?

・単打なら1
・二塁打なら2
・三塁打なら3
・本塁打なら4
の数値が与えられます。

打者の長打力を測ることが出来る指標です。

長打率の計算は、この塁打数を打席数で割ることで算出出来ます。

〈長打率の計算式〉

塁打数 ÷ 打数

※打数は打席数からバント、犠牲フライ、四死球の打席を引いた値です。

 

長打率のよくある誤解

長打率は「長打を打つ確率」と勘違いされていることがあります。

打率が「ヒットを打つ確率」なので気持ちは分かりますね。

 

10打数でホームランを3本打った選手がいたとします。(それ以外の打席はアウト)

この選手の「長打を打つ確率」は.300(3 ÷ 10)ですが、長打率は1.200(4 × 3 ÷ 10)となります。

 

長打率は「確率」ではありませんので、1.00を超えることもあるのですね。

長打率の最大値は4.00で、全打席でホームランを打った場合に記録されます。

 

シーズン長打率歴代ランキング

順位 選手 当時所属 長打率 年度
1 バレンティン ヤクルト 0.779 2013
2 バース 阪 神 0.777 1986
3 落合 博満 ロッテ 0.763 1985
4 王 貞治 巨 人 0.761 1974
5 カブレラ 西 武 0.756 2002
6 王 貞治 巨 人 0.755 1973
7 落合 博満 ロッテ 0.746 1986
8 小鶴 誠 松 竹 0.729 1950
9 王 貞治 巨 人 0.725 1976
10 王 貞治 巨 人 0.723 1967

シーズンランキングでトップに立つのが2013年のヤクルト・バレンティン選手で、.779を記録しています。

なお、通算記録では王貞治選手の.634がトップです。

長打率は.600を超えるとトップクラスの水準と言えるでしょう。