プロ野球ネタ

【歴代エース】プロ野球12球団歴代開幕投手まとめ(2005年~)

プロ野球では、年間に140試合以上の試合を戦い抜きます。

その中でも特に緊張感をもって迎えられるのが開幕戦です。

開幕戦の先発投手は開幕投手と呼ばれ、各球団のエース投手が登板します。

当記事では、東北楽天ゴールデンイーグルス、オリックス・バファローズ誕生の2005年以降の各球団の歴代開幕投手についてまとめます。

各球団のエースを振り返りましょう。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

セ・リーグの歴代開幕投手

読売ジャイアンツ

巨人の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005上原浩治
2006上原浩治
2007内海哲也
2008高橋尚成
2009S.グライシンガー
2010内海哲也
2011東野峻
2012内海哲也
2013宮國椋丞
2014菅野智之
2015菅野智之
2016菅野智之
2017M.マイコラス
2018菅野智之
2019菅野智之
2020菅野智之

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
菅野智之6
内海哲也3
上原浩治2
M.マイコラス1
S.グライシンガー1
高橋尚成1
東野峻1
宮國椋丞1

 

巨人の近年の開幕投手は、やはり菅野の存在感が圧倒的ですね。

菅野は2017年、2018年に2年連続で沢村賞を受賞するなど、日本を代表するエースと言っても過言ではありません。

 

横浜DeNAベイスターズ

DeNA(2011年までは横浜ベイスターズ)の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005三浦大輔
2006三浦大輔
2007三浦大輔
2008寺原隼人
2009三浦大輔
2010S.ランドルフ
2011山本省吾
2012高崎健太郎
2013藤井秀悟
2014三嶋一輝
2015久保康友
2016井納翔一
2017石田健大
2018石田健大
2019今永昇太
2020今永昇太

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは11名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

 

開幕投手回数
三浦大輔4
今永昇太2
石田健大2
S.ランドルフ1
井納翔一1
久保康友1
高崎健太郎1
寺原隼人1
藤井秀悟1
三嶋一輝1
山本省吾1

 

横浜のエースと言えばハマの番長こと三浦大輔でしたが、三浦の後に続くエースの育成に苦労しています。

2005年以降、複数回開幕投手を務めたのが2017年、2018年の石田のみと、絶対的なエース不在の状態が長く続いてきました。

2019年、2020年で開幕投手を務め、侍ジャパンでも活躍を見せている今永が、DeNAの歴史を作るエースとなるのか、見ものです。

 

阪神タイガース

阪神の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005井川慶
2006井川慶
2007下柳剛
2008安藤優也
2009安藤優也
2010安藤優也
2011能見篤史
2012能見篤史
2013R.メッセンジャー
2014能見篤史
2015R.メッセンジャー
2016R.メッセンジャー
2017R.メッセンジャー
2018R.メッセンジャー
2019R.メッセンジャー
2020西勇輝

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは6名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

 

開幕投手回数
R.メッセンジャー6
安藤優也3
能見篤史3
西勇輝2(オリックスで1回)
井川慶2
下柳剛1

 

阪神は開幕投手はうまく固定出来てきた球団です。

絶対的エースの井川がメジャーリーグへ移籍した後、下柳、安藤、能見でチームを支えてきました。

注目すべきは6度の開幕投手を務め、2015年~2019年まで5年連続で開幕投手となったメッセンジャーです。
外国人投手ながら、近年の阪神を支えたエースと呼べるでしょう。

このメッセンジャーが2019年シーズンで引退。

2020年開幕投手は2019年にオリックスからFA入団した西勇輝が務めており、新たなエースとしての活躍に期待がかかります。

広島東洋カープ

広島の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005黒田博樹
2006黒田博樹
2007黒田博樹
2008大竹寛
2009C.ルイス
2010前田健太
2011前田健太
2012前田健太
2013B.バリントン
2014前田健太
2015前田健太
2016K.ジョンソン
2017K.ジョンソン
2018野村祐輔
2019大瀬良大地
2020大瀬良大地

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
前田健太5
黒田博樹3
大瀬良大地
K.ジョンソン2
B.バリントン1
C.ルイス1
大竹寛1
野村祐輔1

 

カープは黒田博樹、前田健太と、絶対的エースが君臨してきました。

彼らがメジャーリーグへと海を渡った後を受けているのが野村や大瀬良です。

大瀬良は2018年に最多勝のタイトルを獲得するなど、「強いカープ」の躍進に貢献してきています。

 

中日ドラゴンズ

中日の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005川上憲伸
2006川上憲伸
2007川上憲伸
2008川上憲伸
2009浅尾拓也
2010吉見一起
2011M.ネルソン
2012吉見一起
2013吉見一起
2014川上憲伸
2015山井大介
2016大野雄大
2017大野雄大
2018小笠原慎之介
2019笠原祥太郎
2020大野雄大

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
川上憲伸5
吉見一起3
大野雄大3
M.ネルソン1
浅尾拓也1
小笠原慎之介1
笠原祥太郎1
山井大介1

 

中日を支えてきたエースは開幕投手を務めた回数が示す通り、川上憲伸や吉見一起です。

近年は大野、小笠原、笠原と若手投手が開幕投手を務めてきましたが、エースとして期待がかかるのが大野です。

2019年には最優秀防御率を獲得し、ノーヒットノーランを記録、2020年にもエースとして十分な実績を残しました。

 

東京ヤクルトスワローズ

ヤクルトの歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005石川雅規
2006石川雅規
2007石井一久
2008石川雅規
2009石川雅規
2010石川雅規
2011石川雅規
2012石川雅規
2013館山昌平
2014小川泰弘
2015小川泰弘
2016小川泰弘
2017石川雅規
2018D.ブキャナン
2019小川泰弘
2020石川雅規

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
石川雅規9
小川泰弘4
D.ブキャナン1
石井一久1
館山昌平1

 

石川が驚異の9回の開幕投手実績を誇ります。

近年は小川が開幕投手を務めることが多くなってきていますが、石川、小川に代わるエース級投手が現れてくれないことがヤクルトの課題です。

 

パ・リーグの歴代開幕投手

埼玉西武ライオンズ

西武の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005松坂大輔
2006西口文也
2007西口文也
2008涌井秀章
2009涌井秀章
2010涌井秀章
2011涌井秀章
2012涌井秀章
2013岸孝之
2014岸孝之
2015牧田和久
2016菊池雄星
2017菊池雄星
2018菊池雄星
2019多和田真三郎
2020ザック・ニール

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
涌井秀章5
菊池雄星3
岸孝之2
西口文也2
多和田真三郎1
牧田和久1
松坂大輔1
ザック・ニール1

 

松坂大輔→西口文也→涌井秀章→岸孝之→牧田和久→菊池雄星と、誰もが知る投手で開幕投手のリレーをつないで来たのが西武です。

エースには困ることのなかった球団とも言えます。

ただし、彼らのうち西口以外はみなメジャーリーグ移籍やFA移籍で他球団へ流出してしまっているのです。

メジャー移籍した菊池の後を継いだのが多和田で、2018年に最多勝を獲得する活躍を見せましたが、2019年に自律神経失調症を発症。

2020年開幕投手は2019年に活躍を見せた助っ人外国人のニールが務めていますが、西武にとってはあまり経験のない絶対的エース不在の状態となっています。

 

福岡ソフトバンクホークス

ソフトバンクの歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005和田毅
2006斉藤和巳
2007斉藤和巳
2008杉内俊哉
2009和田毅
2010杉内俊哉
2011和田毅
2012攝津正
2013攝津正
2014攝津正
2015攝津正
2016攝津正
2017和田毅
2018千賀滉大
2019千賀滉大
2020東浜巨

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは6名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
攝津正5
和田毅4
斉藤和巳2
杉内俊哉2
千賀滉大2
東浜巨1

 

2000年台は斉藤和巳、杉内俊哉、和田毅と、安定感抜群の投手を擁したソフトバンク。

2012年~2016年は5年連続で摂津正、そして近年は千賀滉大と、しっかりとエース級の投手を育ててきています。

2020年はエース千賀が怪我で出遅れましたが、2019年に活躍を見せた東浜が代役を務めています。

 

東北楽天ゴールデンイーグルス

楽天の歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005岩隈久志
2006一場靖弘
2007岩隈久志
2008岩隈久志
2009岩隈久志
2010岩隈久志
2011岩隈久志
2012田中将大
2013則本昂大
2014則本昂大
2015則本昂大
2016則本昂大
2017美馬学
2018則本昂大
2019岸孝之
2020則本昂大

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは6名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
岩隈久志6
則本昂大6
一場靖弘1
岸孝之1
田中将大1
美馬学1

 

楽天の開幕投手は2011年までは主に岩隈、近年は則本が務めています。

24勝無敗の驚異の記録を残してメジャーリーグへ渡った田中将大が開幕投手を1回しか務めていないのは意外でしたね。

 

千葉ロッテマリーンズ

ロッテの歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005清水直行
2006久保康友
2007清水直行
2008小林宏之
2009清水直行
2010成瀬善久
2011成瀬善久
2012成瀬善久
2013成瀬善久
2014成瀬善久
2015涌井秀章
2016涌井秀章
2017涌井秀章
2018涌井秀章
2019石川歩
2020石川歩

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは6名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
成瀬善久5
涌井秀章4
清水直行3
石川歩2
久保康友1
小林宏之1

 

2010年から5年連続で成瀬が、2015年からは4年連続で涌井が開幕投手を務めるなど、開幕投手を固定してきたのがロッテです。

2019年、2020年には石川が開幕投手を務めています。

 

北海道日本ハムファイターズ

日ハムの歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005C.ミラバル
2006金村曉
2007ダルビッシュ有
2008ダルビッシュ有
2009ダルビッシュ有
2010ダルビッシュ有
2011ダルビッシュ有
2012斎藤佑樹
2013武田勝
2014吉川光夫
2015大谷翔平
2016大谷翔平
2017有原航平
2018B.ロドリゲス
2019上沢直之
2020有原航平

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは10名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

 

開幕投手回数
ダルビッシュ有5
大谷翔平2
有原航平2
B.ロドリゲス1
C.ミラバル1
金村曉1
上沢直之1
斎藤佑樹1
武田勝1
吉川光夫1

 

5度の開幕投手を務めたダルビッシュ、2度の開幕投手を務めた大谷と、日本を代表するスーパースターを輩出してきた日ハムですが、その他の開幕投手は固定できずにいました。

大谷の退団後は有原、ロドリゲス、上沢と開幕投手を務めてきましたが、有原が2019年に最多勝を獲得するなど、エースの立場を確立してきています。

 

オリックス・バファローズ

オリックスの歴代開幕投手は以下の通りです。

開幕投手
2005川越英隆
2006川越英隆
2007川越英隆
2008金子千尋
2009小松聖
2010金子千尋
2011木佐貫洋
2012A.フィガロ
2013金子千尋
2014金子千尋
2015B.ディクソン
2016金子千尋
2017金子千尋
2018西勇輝
2019山岡泰輔
2020山岡泰輔

 

2005年以降、開幕投手を務めたのは8名です。

2005年以降の開幕投手回数は以下の通りです。

開幕投手回数
金子千尋6
川越英隆3
山岡泰輔2
A.フィガロ1
B.ディクソン1
木佐貫洋1
小松聖1
西勇輝1

 

オリックスのエースと言えば川越、そして金子でしょう。

オリックスに転機が訪れるのが、2018年のシーズンオフです。
絶対的エースだった金子、2018年の開幕投手も務め、金子と並んで先発ローテーションの軸であった西が同時に退団します。

そのあとの開幕投手を務めたのが山岡泰輔です。
山岡は開幕戦こそ勝利がつかなかったものの、シーズン終了時には見事に最高勝率のタイトルをつかみ、エースの立場を確立します。

さらに山本由伸も圧巻の投球で最優秀防御率(2019年)、最多奪三振(2020年)とタイトルを獲得しており、オリックスはこの若いダブルエースがチームの軸となっています。

 

【1か月無料】オープン戦を見るならDAZN!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ