プロ野球ネタ

【野球の歴史】プロ野球「飛ばないボール」統一球問題とは?

2011年、2012年のプロ野球は、異常なほどの投高打低のシーズンとして知られています。

2011年の両リーグを合わせた本塁打数は、2010年と比較して1605本から939本に激減しました。

この現象は統一球と呼ばれるボールが原因であり、球界を大きく混乱させました。

当記事では、この「飛ばないボール」統一球問題について、解説します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

統一球とは?

統一球とは、2011年にプロ野球12球団に導入された、ミズノ製のボールです。

そもそも2010年までは、球団によって使用しているボールが異なっていました。
ボールによって反発係数が異なるため、本塁打の出やすさもボールによって左右されるわけです。

2003年の横浜ベイスターズは反発係数が高いボールに切り替え、その年のチーム本塁打数は95本増加したという記録も残っています。(もちろん、本塁打増加の理由がボールだけとは言えませんが)

 

このように、球団によってバラバラだったボールを統一しようとして導入されたのが統一球です。

WBC等、国際試合で使用されるボールに近い、ミズノ社製の低反発のボールが採用されました。

この低反発ボール、「飛ばないボール」こそがプロ野球を大きく混乱させたのです。

 

2013年統一球をめぐる不祥事

この「飛ばないボール」統一球の影響は顕著でした。

本塁打数は激減、完封試合は急増、2011年~2012年シーズンは明らかに投高打低の減少が続きます。

統一球の影響であることは明らかで、統一球導入後、多くの打者が成績を落とす結果となりました。

また、2012年のメジャーリーグとの親善試合により、統一球はメジャーリーグのボール以上に飛ばないボールであることが判明しました。
さらにはWBCでの使用球とも規格が異なることが判明し、選手会から統一球を検証する声が上がったのです。

ここまでであれば、統一球導入は失敗だった、という結論で終わりますが、この統一球問題が「問題」とされているのは、この後のNPBの対応についてです。

 

2013年シーズン開幕後、前年までの投高打低の状況が一変、明らかに「ボールが飛ぶ」状態になりました。

NPBは選手会に対して、「ボールの仕様は変えていない」と説明していましたが、実際は異なりました。

 

2013年6月、NPBは会見を開き、統一球の反発係数が基準値を下回っていたことを公表したのです。また、これを受けて統一球の仕様を2013年から変更したことも認めています。

NPBは、選手会へは「ボールの仕様を変えていない」と虚偽の説明を行っており、さらにはボールメーカーのミズノ社へもボール使用の変更を隠ぺいするように働きかけていました。

 

統一球は多くの選手のプレースタイルに影響を与えた問題であり、それを隠蔽しようとしたNPBには批判が殺到。

最終的には加藤コミッショナー(当時)が辞任する事態にまで発展しました。

 

統一球が本塁打数に与えた影響

統一球の影響として、安打の減少(本来ヒット性の打球がフライ、ライナーになる)や、本塁打の減少が挙げられます。

特に、本塁打の減少は数字上にも顕著に表れていますので、比較してみましょう。

年間本塁打数の推移

統一球導入前後の、本塁打数は以下のとおりです。

年度 12球団年間本塁打数 前年比
2010年 1605
2011年 939 -666 41%減
2012年 881 -58 6%減
2013年 1311 +430 49%増

 

2011年に統一球を導入したことで激減していますね。

また、2013年には統一球の仕様が調整されたことで、本塁打数は急増しています。

これを隠蔽しようとしていたというのは、今振り返ると滑稽な話ですね。

 

本塁打ランキングの推移

2011年、2012年のシーズン本塁打数ランキングを見てみましょう。

2011年にはなぜか西武・中村だけが打ちまくる不思議な現象も生まれ、当時は話題を呼びましたが、2年間で30本塁打達成者が中村とバレンティンだけという、明らかに本塁打数が減っているのが分かります。

 

2011年セ・リーグ

順位 選手名 所属 本塁打数
1 バレンティン (ヤ) 31
2 ラミレス (巨) 23
2 畠山 和洋 (ヤ) 23
4 阿部 慎之助 (巨) 20
4 スレッジ (横) 20
4 村田 修一 (横) 20
7 長野 久義 (巨) 17
7 栗原 健太 (広) 17
7 新井 貴浩 (神) 17
10 ブラゼル (神) 16
10 坂本 勇人 (巨) 16
10 ブランコ (中) 16

2011年パ・リーグ

順位 選手名 所属 本塁打数
1 中村 剛也 (西) 48
2 松田 宣浩 (ソ) 25
3 バルディリス (オ) 18
3 中田 翔 (日) 18
5 フェルナンデス (西) 17
6 中島 裕之 (西) 16
6 T-岡田 (オ) 16
8 李 承ヨプ (オ) 15
9 内川 聖一 (ソ) 12
9 松中 信彦 (ソ) 12
9 稲葉 篤紀 (日) 12
9 ホフパワー (日) 12

 

 

2012年セ・リーグ

順位 選手名 所属 本塁打数
1 バレンティン (ヤ) 31
2 阿部 慎之助 (巨) 27
3 ブランコ (中) 24
4 ミレッジ (ヤ) 21
5 ラミレス (デ) 19
6 坂本 勇人 (巨) 14
6 長野 久義 (巨) 14
6 堂林 翔太 (広) 14
9 畠山 和洋 (ヤ) 13
10 村田 修一 (巨) 12
10 ブラゼル (神) 12

 

2012年パ・リーグ

順位 選手名 所属 本塁打数
1 中村 剛也 (西) 27
2 李 大浩 (オ) 24
2 中田 翔 (日) 24
4 ペーニャ (ソ) 21
5 ホフパワー (日) 14
6 中島 裕之 (西) 13
7 井口 資仁 (ロ) 11
8 稲葉 篤紀 (日) 10
8 T-岡田 (オ) 10
8 バルディリス (オ) 10