現地観戦ガイド

【デメリットも解説】横浜DeNAベイスターズのクレジットカードを本音で解説

横浜DeNAベイスターズには、JCBベイスターズカードと呼ばれるクレジットカードが存在します。

正式名称はJCBセントラルリーグオフィシャルカードで、セ・リーグ公式のクレジットカードです。

ベイスターズファンには刺さるデザインですね。

とはいえ、クレジットカードは気軽に申し込みたくないのも現実ですよね。

クレジットカードを簡単に契約するのは怖い

既に利用しているカードがあるし、本当に申し込む価値があるのか疑問

当記事では、公式サイトには書けないデメリットまで含めて、JCBベイスターズカードについて徹底解説します。

メリット・デメリットを理解した上で、カードに申し込む価値があるのかをご判断ください。

JCBベイスターズカード ざっくり結論

JCBスベイスターズカードの最大の魅力はチケットの先行販売です。

休日の試合や人気の対戦カード等、何としてもチケットを確保したい方にはオススメです。

その他は抽選式の特典となっているため、年会費(一般:2,200円)の価値があるのかは疑問です。

初年度の年会費は無料キャンペーン中です

\公式サイトで詳細を見る/
JCBベイスターズカード

なお、他球団のクレジットカードは以下でご紹介しております。
プロ野球デザインのクレジットカードが気になる方は、こちらを合わせてご覧ください。

関連記事:【お得に野球観戦】プロ野球デザインのクレジットカード一覧【全18種】

横浜DeNAベイスターズのクレジットカードは1種類

横浜DeNAベイスターズのクレジットカードは1種類です。

通称JCBベイスターズカード、正式名称がJCBセントラルリーグオフィシャルカードです。

一般カードに加えて、ゴールドカードも用意されています。

横浜JCBセントラルリーグオフィシャルカードの特徴

セ・リーグとJCBが提携して発行している、セ・リーグ公式のクレジットカードです。

以下では、このJCBスワローズカードについて概要やメリット・デメリットをご紹介します。

JCBベイスターズカードを本音で解説

JCBベイスターズカードの魅力はデザインに加えて、公式戦の先行販売です。

「JCBベイスターズカード枠」としてチケットが確保されていますので、休日や人気カードもチケットを確保できる確率が高まります。

以下では、JCBベイスターズカードの基本情報・メリット・デメリットの順に解説します。

JCBベイスターズカードの基本情報

JCBベイスターズカードの基本情報は以下のとおりです。

カード名JCBセントラルリーグオフィシャルカード
※通称JCBベイスターズカード
国際ブランドJCB
年会費
(税込)
一般:2,200円
GLD:11,825円
※初年度年会費キャッシュバックキャンペーンあり
野球ファン向け特典公式戦チケットの優先申込
・公式戦またはJCB協賛試合へ招待(抽選)
・球団主催イベント参加権が当たる(抽選)
・選手直筆サイン色紙をプレゼント(抽選)
・豪華球団グッズプレゼントキャンペーンあり(抽選)
その他特典・Oki Dokiポイントが貯まる
 (ギフトカードや商品と交換可能)
家族カード発行一般:440円
GLD:1枚無料、2枚目以降1,100円
主な付帯サービス◆一般
・ETCカード:無料
・QUICPay/Apple Pay/Google Pay
・海外ショッピングガード保険:最高100万円
ゴールド
・ETCカード:無料
・QUICPay/Apple Pay/Google Pay
・国内海外ショッピングガード保険:最高500万円
・国内旅行傷害保険:最高5,000万円
・海外旅行傷害保険:最高1億円
・国内・海外航空機遅延保険
公式サイトJCBベイスターズカード

\公式サイトで詳細を見る/
JCBベイスターズカード

JCBベイスターズカードにはゴールドカードも用意されてはいますが、正直イマイチです。(抽選の特典の当選確率が2倍になるだけ)

ゴールドカードの機能が欲しい場合は、別のクレジットカードで検討した方が良いでしょう。

(参考)ゴールドカードが優れている点

  • 各種保険が充実している
  • GOLD Basic Service(空港ラウンジ等が利用可能)
  • 公式戦観戦チケットの当選確率が2倍になる
  • 直筆サイン色紙の当選確率が2倍になる

野球ファン目線では、ゴールドカードでの特典は多くはありません(当選確率が上がるだけ)

空港ラウンジの利用や各種保険等、ゴールドカードならではの特典はあるものの、それは他のクレジットカードで代替すれば良い印象です。

ベイスターズファン目線でのメリット

ベイスターズファン目線でのメリットは以下のとおりです。

JCBベイスターズカードのメリット

  • 「JCBベイスターズカード枠」のチケット先行販売に参加できる
  • ベイスターズのデザインがオシャレ
  • 初年度の年会費はキャッシュバックキャンペーン中(初年度無料!
  • 公式戦またはJCB協賛試合へ招待(抽選)
  • 球団主催イベント参加権が当たる(抽選)
  • 選手直筆サイン色紙をプレゼント(抽選)
  • 豪華球団グッズプレゼント(抽選)

JCBベイスターズカードのメリットは、決してカードのデザインだけではありません。

独自のチケット先行販売や、各種プレゼント企画など、ベイスターズファンには嬉しい特典がいっぱいです。

この中でも特筆すべきは、やはりチケットの先行販売です。

JCBベイスターズカード先行販売の特徴

  • カード保有者だけが購入できるチケット先行販売がある(先着式)
    →ファンクラブ会員の先行販売と別枠で用意されている!
    →比較的倍率が低いので、購入できる可能性大!
  • 巨人を除くセ・リーグ5球団の先行販売に参加できる
    →ビジターゲーム(甲子園やナゴヤでのDeNA戦)も購入できる!
  • 発券手数料が比較的安い(440円/枚)
    →プレイガイドで購入する場合、1枚500円~1000円程度かかることもあるため、お得!

JCBベイスターズカード枠として独自の販売枠ですので、ファンクラブ会員と併用するのもオススメです。

野球ハカセ

チケットを購入できる確率がグッと高まる、知る人ぞ知る先行販売枠です。

\公式サイトで詳細を見る/
JCBベイスターズカード

※先行販売については毎年2月にアナウンスされますので、前広に2月中旬までにはお申し込みください。
※手続きは原則オンラインで完結しますが、発行に1週間弱時間がかかりました。

なお、以下の記事ではベイスターズのチケット購入方法をまとめています。

気になる方は合わせてご覧ください。

ベイスターズファン目線でのデメリット

ベイスターズファンがJCBスワローズカードを申し込む前に知っておくべきデメリットは以下のとおりです。

JCBベイスターズカードのデメリット

  • 年会費がかかる(一般2,200円、ゴールド11,825円)
  • 大半の特典が抽選式(当選しなければ意味がない)
  • チケットの割引はない
  • 必ず球団グッズが手に入る特典が無い(ポイントと交換等)
  • ポイント還元率がイマイチ(楽天カード等の高還元カードには劣る)

ハッキリ言ってしまうと、先行販売以外の特典は微妙です。

初年度の年会費は実質無料(キャッシュバック)ですが、それでも2年目以降は一般でも2,200円が必要です。

抽選に当選しない限り、年会費分の価値を得るのは難しいです。

野球ハカセ

当選すれば最高なんですがね・・

(以下、TwitterのJCBベイスターズカード当選報告)

JCBベイスターズカードは誰におすすめ?

JCBベイスターズカードに申し込む価値がある人はどのような方なのでしょうか。

JCBベイスターズカードはこんな人にオススメ

  • ベイスターズ戦のチケット(特に人気カード)を確保したい方
    先行販売の特典はとにかく魅力的
  • ベイスターズデザインのクレジットカードを持ちたい方
    →ベイスターズデザインはJCBベイスターズカードだけ

※ゴールドカードはおすすめしません
 →デザインは一般カードの方がベイスターズらしい
 →ベイスターズの特典は一般とあまり変わらない

シンプルに「デザインに惚れた」という方、チケットを確保するルートを増やしたい方にはオススメです。

2年目以降は年会費がかかりますが、1年目は年会費がキャッシュバックされますので、お試しで保有してみるのもありです。

\公式サイトで詳細を見る/
JCBベイスターズカード

JCBベイスターズカードまとめ

横浜JCBセントラルリーグオフィシャルカードの特徴

ここまでのポイントを再掲載します。

カード名JCBセントラルリーグオフィシャルカード
※通称JCBベイスターズカード
国際ブランドJCB
年会費
(税込)
一般:2,200円
GLD:11,825円
※初年度年会費キャッシュバックキャンペーンあり
野球ファン向け特典公式戦チケットの優先申込
・公式戦またはJCB協賛試合へ招待(抽選)
・球団主催イベント参加権が当たる(抽選)
・選手直筆サイン色紙をプレゼント(抽選)
・豪華球団グッズプレゼントキャンペーンあり(抽選)
その他特典・Oki Dokiポイントが貯まる
 (ギフトカードや商品と交換可能)
家族カード発行一般:440円
GLD:1枚無料、2枚目以降1,100円
主な付帯サービス◆一般
・ETCカード:無料
・QUICPay/Apple Pay/Google Pay
・海外ショッピングガード保険:最高100万円
ゴールド
・ETCカード:無料
・QUICPay/Apple Pay/Google Pay
・国内海外ショッピングガード保険:最高500万円
・国内旅行傷害保険:最高5,000万円
・海外旅行傷害保険:最高1億円
・国内・海外航空機遅延保険
公式サイトJCBベイスターズカード

JCBベイスターズカードのメリット

  • 「JCBベイスターズカード枠」のチケット先行販売に参加できる
  • ベイスターズのデザインがオシャレ
  • 初年度の年会費はキャッシュバックキャンペーン中(初年度無料!
  • 公式戦またはJCB協賛試合へ招待(抽選)
  • 球団主催イベント参加権が当たる(抽選)
  • 選手直筆サイン色紙をプレゼント(抽選)
  • 豪華球団グッズプレゼント(抽選)

JCBベイスターズカードのデメリット

  • 年会費がかかる(一般2,200円、ゴールド11,825円)
  • 大半の特典が抽選式(当選しなければ意味がない)
  • チケットの割引はない
  • 必ず球団グッズが手に入る特典が無い(ポイントと交換等)
  • ポイント還元率がイマイチ(楽天カード等の高還元カードには劣る)

先行販売に魅力を感じる方、デザインに惚れた方には自信を持ってオススメできるクレジットカードです。

まだ知名度が高くない今のうちに、ぜひ申し込んでみてくださいね。

\最初の1年は年会費無料!/
JCBベイスターズカード

【持ってますか?】野球デザインのクレジットカード

 

プロ野球デザインのクレジットカードが存在することをご存知でしょうか。

カードに球団ロゴがデザインされているだけではなく、球団独自の特典が用意されているものもあります。(以下、主な特典)

  • チケット先行販売に参加できる
  • オリジナルグッズや選手のサイン入りグッズが貰える
  • 公式戦やイベントに招待

 

等々、プロ野球ファンなら1枚は持っておきたいクレジットカードです。

当サイトでは、全18種類のプロ野球デザインを画像付きで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

\全18種類を紹介中/
クレジットカード一覧へ

 

※18歳未満の方はクレジットカードの発行はできませんのでご注意ください