プロ野球ネタ

【2020年版】日本人メジャーリーガー一覧!2019年からの動きもご紹介

近年、日本でトップクラスの成績を残した選手たちは海を渡り、メジャーリーグに挑戦する傾向が強いですよね。

当記事では、2020年の日本人メジャーリーガーを一覧化し、2019年からの変更点もご紹介します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

【2020年】日本人メジャーリーガー一覧

2020年の日本人メジャーリーガーは9名です。※2020年シーズン開始時点

3人の選手が海を新たに海を渡っています。

No. 選手名 ポジション 所属球団 メジャー移籍
1 ダルビッシュ有 投手 シカゴ・カブス 2012年
2 田中将大 投手 ニューヨーク・ヤンキース 2014年
3 前田健太 投手 ミネソタ・ツインズ 2016年
4 大谷翔平 投手/外野手 ロサンゼルス・エンゼルス 2018年
5 平野佳寿 投手 シアトル・マリナーズ 2018年
6 菊池雄星 投手 シアトル・マリナーズ 2019年
7 筒香嘉智 内野手 タンパベイ・レイズ 2020年
8 山口俊 投手 トロント・ブルージェイズ 2020年
9 秋山翔吾 外野手 シンシナティ・レッズ 2020年

 

2019年は引退を表明したイチロー、二刀流の大谷を除くと全員が投手、という布陣でしたが、2020年は新たに2人の野手がメジャーへ挑戦しています。

 

2019年からの変更点

日本人メジャーリーガーの2019年からの変更点は以下の通りです。

メジャーリーグ挑戦

2020年には3名の選手がメジャー挑戦を決めており、有力選手がメジャーリーグに挑戦する流れは加速しています。

選手名 2019年 2020年
筒香嘉智 DeNAからポスティング タンパベイ・レイズ
山口俊 巨人からポスティング トロント・ブルージェイズ
秋山翔吾 西武から海外FA シンシナティ・レッズ

 

筒香・山口がポスティング、秋山が海外FA権を行使して移籍を決めています。

メジャーリーグ内移籍

前田、平野は引き続きメジャーリーグでプレーを続けますが、所属球団が変わっています。

選手名 2019年 2020年
前田健太 ロサンゼルス・ドジャース ミネソタ・ツインズ
平野佳寿  アリゾナ・ダイヤモンドバックス シアトル・マリナーズ

 

前田は金銭トレードによる移籍、平野は2年契約の満了に伴うFA移籍です。

この移籍により、平野と菊池がマリナーズでチームメイトとなりました。

 

引退・日本球界復帰

2019年シーズンでメジャーリーグを去った日本人選手がイチローと牧田です。

選手名 2019年 2020年
イチロー シアトル・マリナーズ(引退)
牧田和久 マイナー契約 NPB復帰(楽天)

 

2019年メジャーリーグ開幕シリーズ、東京ドームでのイチローの引退は多くの方の記憶に残っているのではないでしょうか。

イチローは日本球界に復帰することは無く、メジャーリーガーとして現役に終止符を打ちました。

牧田は、2018年はサンディエゴ・パドレスでプレーしましたが、2019年はマイナー契約が続き、2020年に日本球界へ復帰しています。

日本では、古巣の西部ではなく、新たに楽天の一員としてプレーします。

 

 【2020年】日本人メジャーリーガーの注目ポイント

すべての日本人メジャーリーガーにもちろん注目ですが、特に2020年に注目したいポイントを2点ご紹介します。

二刀流・大谷の復活

二刀流選手として、メジャーリーグでも華々しい成績を残してきた大谷ですが、昨年2019年シーズンは怪我に苦しみ、投手としての登板は無いままシーズンを終えます。

2020年からは二刀流選手ルールが新設されており、大谷は野手としてメジャーリーグに出場しながら、投手としてマイナー調整が可能となります。

順調に調整が進めば、2020年には再びメジャーリーグで躍動する二刀流選手・大谷を見ることが出来るでしょう。

【大谷翔平の歴史】驚異の記録・伝説まとめ!史上初のオンパレードまだ20代の選手でありながら、投手と打者の二刀流として数々の記録を打ち立てている大谷翔平選手。当記事では、大谷翔平の残した数々の伝説をまとめます。※随時最新情報を更新中...

日本人野手の活躍

2020年シーズンでは、筒香、秋山と二人の日本人野手がメジャー挑戦を果たしています。

日本人野手でのメジャーリーグでの成功例は少なく、そもそも2010年以降に新たにメジャーに挑戦した選手は4名と少数です。

2010年以降にメジャー挑戦した日本人野手

2011年:西岡剛(ツインズ)
2012年:青木宣親(ブルワーズ等)
2012年:川崎宗則(ブルージェイズ等)
2013年:田中賢介(ジャイアンツ)

 

久々の日本人野手である筒香、秋山がどこまで通用するのか楽しみですね。

また、筒香は日本では外野を守ることが多かった選手ですが、レイズでは内野を守ることが決まっています。

外野手以上に、メジャーリーグの内野は厳しい環境と言われており、筒香の奮闘に注目しましょう。

イチロー、松井に次ぐスター野手の誕生に期待です。