プロ野球ネタ

2019年ドラフト会議のルール変更。交流戦勝ち越しリーグの優先権廃止

 

2019年ドラフト会議のルール変更がNHKニュースで報じられましたね。

2019年ドラフト会議のルール変更

報じられた変更点はドラフト2位以下の指名方式についてです。

ドラフト2位以下の指名について

・交流戦勝ち越しリーグへ与える優先権を廃止

・優先権は1年おきに各リーグ交互に与える

従来のドラフト2位以下の指名については、交流戦勝ち越しリーグに「優先権」が与えられていました。

優先権を持つリーグの下位チームを先頭に、せ・リーグ、パ・リーグの球団が交互にドラフト2位以下を指名をしていたのです。

この優先権が、2019年から交流戦勝ち越しリーグではなく、各リーグ交互に与えられることになったということですね。

ドラフト会議優先権ルール変更の背景は?

このルール変更は、セ・パ両リーグのパワーバランスを整えるためだと考えられます。

従来の優先権は交流戦の勝ち越しリーグに与えられていましたが、交流戦は圧倒的にパ・リーグ優位で進められてきました。

2005年~2018年までで14回、これまで交流戦は実施されていますが、セリーグが勝ち越したのは2009年の一度だけです。

プロ野球の交流戦とは?ルールや過去成績、面白さを解説プロ野球の公式戦はセリーグ、パリーグそれぞれ別に開催されます。リーグ内で順位を争うため、通常は巨人VS西部のようなリーグを超えた対戦は行われません。その例外として生まれたのが交流戦です。...

圧倒的にパ・リーグ優位な状況なので、ドラフト会議の優先権は実質パ・リーグのもの、と言っても過言ではありません。

優先権があれば目当ての選手を指名出来る可能性が上がりますので、良い選手が強いパ・リーグに流れやすくなる状況だったわけです。

これでは力の差は広がっていくばかりなので、この格差に歯止めをかけるために講じられた策が今回のルール変更ということなのでしょう。

プロ野球全体のためとはいえ、よくパ・リーグ側は了承したなぁ・・というのが正直な感想です。

ドラフト会議の仕組み・ルールを解説!入札制・ウェイバー方式・優先権とは?プロ野球のレギュラーシーズン終了後の楽しみの1つがドラフト会議です。期待の選手の入団チームが決まるビッグイベントで、選手自身にとっても、球団にとっても重要な意味を持ちます。当記事では、「入札抽選制」「ウェイバー方式」「優先権」というキーワードを抑えながら、最新のドラフト会議のルールを解説します。(2019年現在)...