野球の基礎知識

プロ野球の「ノンテンダー」とは?メリット・デメリットも解説

ノンテンダーとは?

当記事では、主にメジャーリーグで用いられる用語「ノンテンダー」について、日本プロ野球の目線で解説します。

【用語定義】ノンテンダーとは?

ノンテンダーとは、選手に来季の契約を提示しないことを指します。

ノンテンダーとなった選手は自由契約となりますので、国内外全ての球団と交渉が可能となります。(所属元球団と再契約することも可能です)

Tenderとは「〜を申し出る、提示する」という意味を持ちますが、Non-Tenderは「契約を提示しない」となるわけです。

 

野球ハカセ
野球ハカセ
メジャーリーグでは高額年俸の選手に毎年のように見られる現象です。

 

近年の国内ノンテンダーの事例

  • 2020年オフ:日ハム村田がノンテンダーからの日ハムとの再契約
  • 2021年オフ:日ハム西川・大田・秋吉のノンテンダーが発表

 

ノンテンダーのメリット

ノンテンダーの目的は基本的には球団のコストカットです。

野球ハカセ
野球ハカセ
そのため、メジャーリーグでは実績十分の選手でもノンテンダーとなるケースがしばしば見られます。

ここでは、日本プロ野球におけるノンテンダーのメリットについて、球団・選手双方の立場で整理します。※日本プロ野球でしばしば見られるFA権を取得した選手をノンテンダーとするケースについて考えます。

 

ノンテンダーのメリット

球団のメリット

  • 自由契約なので他球団と交渉が成立する可能性が高い(高確率でコストカットできる)
  • 再契約となった場合も、年俸を抑えられる可能性が高い
  • 戦力外通告とは異なり、「選手のため」という体裁を整えることが出来る

選手のメリット

  • FA行使では人的補償や金銭補償が獲得先球団に発生するが、自由契約なので補償が無い
    ⇒獲得してもらえる可能性が高い
  • FA権を行使する必要が無い
    ⇒FA権をそのまま保持出来る

 

ノンテンダーに対するファンの声

表向きには選手のためという形も取られることの多いノンテンダーですが、ファンの声は辛辣なものが多いです。

※以下、2021年日ハムのノンテンダー発表を受けたファンの声

 

上記のとおり、選手にとってメリットもある制度ではあるものの、やはり印象は悪いようですね。

 

当サイトでは、このような野球に関する基礎知識を分かりやすく解説しています。

ぜひ、以下の記事も合わせてご覧いただき、野球の知識を深めてくださいね。

 

 

【毎日野球を見ませんか?】DAZNなら1か月無料!

DAZNhttps://www.dazn.com/

近年、減少傾向のプロ野球中継。

DAZNなら、広島を除く11球団の主催試合が視聴可能です。

メールアドレスとクレジットカードさえあれば、1か月の無料体験も可能!
※2か月目以降は月額1,925円
※無料体験だけで解約可能

野球ファン必見のサービスです。

詳細ページへ公式ページへ