プロ野球基礎知識

【野球基礎】防御率とは?計算方法や最優秀防御率の条件を簡単に解説!

野球には様々な数字が登場します。

打率、出塁率、打点、防御率、勝率 etc・・

近年はセイバーメトリクスと呼ばれる野球に統計学が用いられるようになり、さらに複雑な数字も誕生しました。

セイバーメトリクスとは?野球で用いられる統計指標の基礎を解説!近年、プロ野球でセイバーメトリクスという単語を聞く方は多いのではないでしょうか。セイバーメトリクスとは、野球に統計学を持ち込んだ分析手法です。データ野球が活発化してくる中で注目度が高まっています。当記事では、セイバーメトリクスとは何か?という解説と、主要な指標をご紹介します。...

とはいえ、野球に詳しくない方にとってはそれぞれの数字の意味、計算方法もサッパリ分かりませんよね。

当サイトでは、野球観戦初心者に向けて、野球に関する数字を簡単に解説します。

当記事のテーマは防御率です。

計算方法や最優秀防御率タイトル獲得条件とあわせてご紹介します。

 

防御率とは?

防御率とは、1試合(9イニング)あたり平均何点の自責点を取られるか、を示す数値です。

自責点とは?

自責点とは、投手の責任とされる失点を指します。

基本的にエラーを除く出塁は投手の責任となりますので、安打や犠飛、犠打、四死球が絡んだ失点は自責点となります。

【野球基礎】失点と自責点の違いは?野球用語の意味を解説します!当サイトでは、野球観戦初心者に向けて、野球に関する数字を簡単に解説します。当記事のテーマは失点と自責点です。それぞれの違いや、投手交代時の考え方を中心に解説していきます。...

防御率の計算対象はあくまでも自責点なので、エラーが絡んで失点した場合はたとえ10失点したとしても防御率が悪化することはありません。

 

防御率の計算方法

防御率は1試合(=9イニング =27アウト)平均の自責点を算出しますので、以下の計算式となります。

〈防御率の計算式〉

「自責点」× 9 × 3 ÷ 「投球回」× 3

少々複雑な計算式に見えますが、単純に「1試合平均の自責点」と理解しておけば簡単です。

実際に何パターンか計算してみましょう。

 

〈ケース①〉
9回2失点(自責点2)の投手

この投手の防御率を先ほどの計算式に当てはめてみましょう。

「2(自責点)」× 9 × 3 ÷「9(投球回)」×3 = 2.00

1試合を2失点完投してますので、やはり防御率は2.00となりましたね。

 

〈ケース②〉
6回3分の2を自責点3で降板した投手

こちらも同様に計算式に当てはめます。

「3(自責点)」× 9 × 3 ÷「6 2/3(投球回)」×3 = 4.05

途中降板した場合は、投球回は分数で表現しますので注意しましょう。

 

〈ケース③〉
3試合を投げ、9回無失点、5回2失点、6回1失点の投手(失点は全て自責点)

このような複数試合分を計算する場合は、計算式に当てはめる前に、自責点と投球回を求めておきましょう。

自責点 = 0 + 2 + 1 = 3

投球回 = 9 + 5 + 6 = 20

これを計算式に当てはめます。

「3(自責点)」× 9 × 3 ÷「20(投球回)」×3 = 1.35

複数試合の計算はこのように段階を分けて計算をすると簡単です。

 

最優秀防御率のタイトル獲得の条件

防御率は日本プロ野球機構(NPB)により記録される公式記録です。

そのため、防御率で最も好成績を残した投手は最優秀防御率選手として表彰されます。

この最優秀防御率を獲得するための条件が、規定投球回数の達成です。

規定投球回数の詳細はこちらの記事で解説していますので、是非合わせてご覧ください。

【規定投球回数とは】達成は難しい?近年の達成者は?プロ野球シーズン終盤になると話題にのぼるのが、規定投球回数です。最優秀賞防御率獲得のために到達が必要なイニング数です。近年、投手の分業が進む中、規定投球回数の達成者は減少を続けています。当記事では、規定投球回数について解説した上で、その達成の難しさや近年の達成状況をご紹介します。...

この規定投球回数を達成した投手の中で最も優れた防御率を残した投手が最優秀防御率として表彰されるのです。

 

歴代シーズン防御率ランキング

シーズン防御率ランキングでは、戦前の投手の名前がずらりと並びます。

1970年台以降、シーズン防御率0点台は達成されていません。

防御率1.50を下回った投手ですら、1971年以降では達成者は田中将大とダルビッシュ有のみです。

2019年シーズンにはオリックス・山本由伸が防御率1点台を達成しましたが、防御率で歴代ランキングに食い込むのがいかに難しいかが分かりますね。

順位 投手 所属 防御率 年度 投球回
1 藤本 英雄 巨 人 0.73 1943 432.2
2 景浦 将 タイガース 0.79 1936秋 57
3 沢村 栄治 巨 人 0.81 1937春 244
4 野口 二郎 大 洋 0.88 1941 338
5 林 安夫 朝 日 0.887 1943 294
6 森 弘太郎 阪 急 0.889 1941 333.1
7 野口 二郎  翼 0.93 1940 387
8 景浦 将 タイガース 0.931 1937春 106.1
9 須田 博 巨 人 0.97 1940 436
10 村山 実 阪 神 0.98 1970 156
順位 投手 所属 防御率 年度 投球回
26 田中 将大 楽 天 1.272 2011 226.1
27 田中 将大 楽 天 1.273 2013 212
44 ダルビッシュ 有 日本ハム 1.435 2011 232

防御率まとめ

ここまでの内容を箇条書きでまとめます。

・防御率は失点ではなく自責点で計算する

・エラーは自責点には含まれない

・最優秀防御率は規定投球回数の達成が必須

・シーズン防御率歴代ランキングには戦前の投手の名前がずらり