プロ野球基礎知識

【ドカベン】ルールブックの盲点の1点を分かりやすく解説【済々黌VS鳴門】

 

ルールブックの盲点っていうプレーを見たけど、なんであのプレーで1点が入るの!?
そもそも、ルールブックの盲点って何?

 

当記事では、こういった疑問を解決するためにルールブックの盲点の1点について分かりやすく解説します。

 

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

 

ルールブックの盲点の1点とは?

そもそも、ルールブックの盲点の1点とはどういったプレーなのでしょうか。

ルールブックの盲点の1点は、漫画「ドカベン」の35巻で取り上げられたのが始まりです。
選手がルールを誤解していたために入った1点を指しています。

このルールブックの盲点の1点が2012年の高校野球、甲子園の舞台でも再現され話題となりました。

 

「1アウト1,3塁でショートライナー」・・でも1点

まずはプレーの内容を整理してみましょう。

この済々黌VS鳴門の場面では、1アウト1,3塁でショートライナーでした。
ショートライナーの間に1塁ランナーが飛び出していたため、ショートは1塁に送球し、3アウトとなっています。

3アウトを取ったため、鳴門ナインはすぐにベンチに引き上げました。

しかしながら、スコアボードには1点が記録されています。

審判の説明によると、3アウト目(1塁ランナーのアウト)よりも先に、飛び出していた3塁ランナーが本塁を踏んでいたため、得点が認められたということです。

 

ライナーでダブルプレーになっているので、チェンジでは?
そもそも、3塁ランナーはタッチアップもしていないじゃないか、と思う方も多いでしょう。

以下では、ポイントを整理しながらなぜこの1点が認められるのかを解説します。

ドカベンでは、1アウト満塁でスクイズの小フライが上がったシーンとして、同様のプレーが描かれています。
(飛び出した1塁ランナーをアウトにしている間に、3塁ランナーが生還し、得点が認められた)

 

ルールブックの盲点の1点のポイントとなるルールを解説

なぜルールブックの盲点の1点が認められるのか、を野球用語を用いて説明すると、以下のとおりになります。

ルールブックの盲点の1点の解説

・飛び出した1,3塁のランナーをアウトにするのはアピールプレイ
・アピールプレイはタイムプレイ
・3塁ランナーが本塁に到達している場合、3塁に送球し第3アウトの置き換えをアピールする必要があった。

 

野球のルールに詳しい方なら、これで理解できるかもしれませんが、そうでなければさっぱり分かりませんよね。

ひとつずつ、ポイントを整理しながら解説していきます。

ルールブックの盲点の1点で重要なルール

・フォースプレイとアピールプレイの違い
・タイムプレイ
・第4アウト(第3アウトの置き換え)

 

フォースプレイとアピールプレイの違い

野球でランナーをアウトにする方法は、大きく分けると以下の3点です。

ランナーをアウトにする方法

①ランナーにタッチするタッチプレイ
②進塁義務のある塁に送球するフォースプレイ
③ルール違反をアピールすることで成立するアピールプレイ

このルールブックの盲点の1点が混乱を招いている理由は、多くの方が②フォースプレイと③アピールプレイを混同しているためです。

フォースプレイとは、進塁義務が発生しており、次の塁に進む必要がある場合に成立するプレーです。

ランナー1塁の場面の内野ゴロで、2塁に送球することで1塁ランナーをアウトに出来るのは、1塁ランナーに2塁への進塁義務があるからですね。

※フォースプレイや進塁義務の詳細は、以下の記事で公認野球規則の条文を紹介しながら解説しています。

【野球基礎】タッチしないアウトってどんなルール?【フォースプレー】タッチをしてアウトになるケース、タッチをしなくてもアウトになるケース、この違いは何なのでしょうか。 当記事では、野球初心者向けに、アウトをめぐるタッチプレー/フォースプレーについて簡単に解説します。...

 

では、今回の済々黌VS鳴門の事例を振り返ってみましょう。

済々黌の1塁ランナーと3塁ランナーはショートライナーで飛び出してしまいましたが、これをアウトにするにはどうすれば良いのでしょうか。

1塁、もしくは3塁に送球すればアウトになるので、フォースプレイであると思った方は多いのではないでしょうか。

 

実はこれが誤りなのです。

飛び出したランナーが元の塁に戻るのは、進塁義務ではなくリタッチの義務が発生しているためです。

進塁義務ならフォースプレイですが、リタッチの義務の場合アウトにするにはアピールプレイとなります

リタッチの義務についてのアピールは、戻るべき塁に送球するだけで良いとされています。
見た目はフォースプレイと全く同じであるため、誤解されやすいプレーです。

※アピールプレイの詳細は、以下の記事で公認野球規則の条文を紹介しながら解説しています。

【野球基礎】アピールプレイ/アピールアウトとは?実際の事例と合わせて解説アピールプレイとは、その名のとおりアピールすることで走者をアウトにするを指します。 裏を返せば、アピールが無ければ審判はアウト判定することはありません。 アピールプレイは公認野球規則5.09(C)で規定されています。...

 

まずは、ールブックの盲点の1点はアピールプレイであるという点を頭に入れたうえで、次のタイムプレイについて解説します。

 

タイムプレイ

野球の大原則に、タイムプレイと呼ばれるルールが存在します。

3アウトが取られる前にホームインしていれば、得点として認める、というルールです。

一方、これにはいくつかの例外が存在します。

タイムプレイの例外ケース

第3アウトが、
①打者走者が一塁に触れる前にアウトにされたとき。
②走者がフォースアウトされたとき。
③前位の走者が塁に触れ損ねてアウトにされたとき。

 

ここでポイントとなるのが、「②走者がフォースアウトされたとき」はタイムプレイとはならない点です。

つまり、フォースアウトより先に3塁ランナーがホームインしていても得点は認められません

では、済々黌VS鳴門の事例はどうでしょうか。

1塁ランナーも3塁ランナーもショートライナーで飛び出していますが、これをアウトにするプレーはフォースプレイではなくアピールプレイでしたね。

そのため、この事例は例外には該当せず、タイムプレイとなります。

1塁ランナーが1塁でアピールアウトになるよりも、3塁ランナーの生還が早ければホームインが認められるのです。

 

第4アウト(第3アウトの置き換え)

タイムプレイでは、3アウト目よりも早く3塁ランナーがホームインしていれば、得点が認められるということはご理解いただけたと思います。

とはいえ、今回の済々黌VS鳴門の事例では、3塁ランナーはリタッチの義務を怠ってホームに突っ込んだだけなので、ルール違反であることには変わりはありません。

 

そのため、ルール上はこの得点を取り消す規定が存在します。

これが、第4アウト(第3アウトの置き換え)と呼ばれるルールです。

 

第4アウト(第3アウトの置き換え)

・3アウト成立後、より有利になるアピールアウトが存在する場合には、追加でアピールアウトを主張することで、それを第3アウトにすることが出来る。

・第3アウトの置き換えのアピールの権利は、守備側がグラウンド(ファールラインの内側)を出た時点で消滅する。

これを済々黌VS鳴門の事例に当てはめてみましょう。

この事例では、1塁ランナーをアウトにしたことで3アウトが成立しています。
しかしながら、その間に3塁ランナーは本塁に到達していたため、ホームインが認められていました。

ここでベンチに下がる前に第4アウト(第3アウトの置き換え)をアピールすれば、3塁ランナーを3アウト目とし、得点を取り消すことが出来るのです。

3塁ランナーはリタッチの義務を怠った状態でホームインしていますので、あくまでもアピールさえすればアウトになる、という訳ですね。

しかしながら、鳴門高校はこのルールに気づくことができず、歓喜の中全員がベンチに戻ってしまい、アピール権が消滅してしまったわけです。

 

ルールブックの盲点の1点の解説を再チェック

ここまでご覧いただいた方は、ルールブックの盲点の1点について、かなり詳しく理解できたのではないでしょうか。

あらためて、おさらいしてみましょう。

ルールブックの盲点の1点の解説

・飛び出した1,3塁のランナーをアウトにするのはアピールプレイ
・アピールプレイはタイムプレイ
・3塁ランナーが本塁に到達している場合、3塁に送球し第3アウトの置き換えをアピールする必要があった。

こちらの解説は、冒頭で記載した解説を再掲載しています。

今なら理解できるのではないでしょうか。

ルールブックの盲点とは、「アピールプレイ」「タイムプレイ」「第3アウトの置き換え」という複数のルールが絡み合って生まれている、難しいプレーなのですね。

ルールブックの盲点の1点を防ぐ方法

それでは、ルールブックの盲点の1点を防ぐためには、守備側はどのように対応すれば良いのでしょうか。

それは、「最初から3塁ランナーでアウトを取る」か、「第3アウトの置き換えをアピールする」以外に方法はありません。

ライナーでダブルプレーを取ったときは、3塁ランナーが生還している可能性を頭に入れて、必要に応じて第3アウトの置き換えをアピールする必要があるのです。

 

ルールブックの盲点の1点まとめ

ルールブックの盲点の1点は、「アピールプレイ」「タイムプレイ」「第3アウトの置き換え」が組み合わさって生まれた1点です。

複雑なルールに見えますが、一つずつ理解すると単なる基本的なルールの積み重ねです。

 

済々黌の3塁ランナーは、のちのインタビューでこのルールブックの盲点の1点を「狙っていた」と語っています。(実際に他のシーンでもルールブックの盲点の1点を狙った動きを見せていました)

済々黌は、このルールを正しく理解していたことで、見事に1点をもぎ取ったという訳ですね。

 

なお、元祖・ルールブックの盲点の1点はドカベンの35巻で読むことが出来ます。

気になる方は、是非ドカベンものぞいてみてくださいね。