プロ野球観戦

初めてのプロ野球観戦はどこに座る?座席の特徴を解説

プロ野球観戦の準備において最も重要と言っても過言ではない、座席選び。

 

初めての観戦は落ち着いて座って・・・

と思ってたら周りはみんな立って歌ってる!ついていけない!

 

なんて失敗はしたくないですよね。

 

当記事では、某球場の元職員で大のプロ野球オタクの管理人が、プロ野球の座席の特徴を解説します。

当記事を読んで、自分に合った座席を選びましょう!

 

座席の違いを理解しよう

プロ野球の試合には多種多様な座席が用意されていますが、最低限、以下の違いは理解しましょう。

・ホームとビジターの違い

・内野と外野の違い

・指定席と自由席の違い

 

ホームとビジターの違いとは?

試合の主催チームがホーム、対戦相手がビジターです。

(例:甲子園の主催チームは阪神タイガースなので、ホーム球団は阪神です)

 

ホームベースを中心に、一塁側はホーム球団の応援、三塁側がビジター球団の応援となることが多いです。

西武、日ハム、楽天が主催の試合については三塁側がホーム、一塁側がビジターと逆転しています。

 

応援したいチームが一塁側、三塁側のどちらなのかは理解しておきましょう。

 

内野と外野の違いとは?

ホームベースに近いエリアが内野席、ホームベースから遠く、バックスクリーンの左右を陣取るエリアが外野席です。

基本的に内野席よりも外野席の方が安価です。

 

外野席は私設応援団が応援するエリアですので、熱狂的なファンが多く集まります。

一方で内野席は比較的落ち着いた傾向があります。

 

指定席と自由席の違いとは?

解説するまでもありませんが、チケット購入時点で座席が決まるのが指定席、入場してから座席を選ぶのが自由席です。

バックネット裏や内野席の前方などは指定席であることが多く、内野席の後方や外野席は自由席であることが一般的です。

 

一方で、全席指定席の試合も存在します。

人気カードであればあるほど、満員になる可能性が高いので、指定席の割合が増える傾向があります。

 

値段については、当然指定席のほうが自由席よりも高くなります。

 

球場の座席の形式は?広さは?

座席の形式はどのような形式なのでしょうか。

もちろん、球場によりけりですが、一般的に外野席や自由席は狭く、ドリンクホルダーや背もたれも無いことが多いです。

 

内野席や指定席など、値段が高ければ高いほど座席の質も良くなる傾向にあります。

メットライフドーム(西武ライオンズ本拠地)の外野席は椅子がなく、芝生になっています。球場によって多様なコンセプトがあり、各球場を回ってみるのも面白いですね。

(画像:メットライフドーム芝生席)

 

【結論】観戦スタンスでおすすめの座席は変わる

ここまでの紹介のとおり、座席によって特徴は大きく異なります。

そのため、観戦スタンスによってオススメの座席も変わります。

まとめると以下の通りです。

・ゆっくり観戦したい人

→内野指定席

・熱狂的な応援を体感したい人

→外野自由席

 

初心者がいきなり外野席に行っても応援についていけないのでは・・・

と心配な方もいるかもしれませんが、心配ありません。

 

初心者とは言え、同じ球団を応援する仲間です。初心者も大歓迎です。

ただし、外野席は常連さんも多いので、基本的な観戦マナーには気をつけましょう。

トラブルを避けるためにも、観戦マナーは頭に入れておけば安心ですね。

初心者必読!プロ野球観戦前に知っておくべき観戦マナー・観戦ルールスポーツ観戦というと、各スポーツ独特の風習や文化がありますので、観戦前にはしっかりと把握しておきましょう。当記事では、某球場の元職員で大のプロ野球オタクの管理人が、プロ野球観戦における基本的なマナーをご紹介します。...

 

【番外編】面白い座席

ここまでは一般的な座席を紹介しましたが、途中で触れたメットライフドームの芝生席のように特徴的な座席は多数存在します。

〈特殊な座席の例〉

阪神甲子園球場:三ツ矢サイダーボックス

4~5名で利用できる掘りごたつ形式の座席です。居酒屋のような感覚で野球観戦が楽しめます。

 

京セラドーム大阪:フィールドシート

グラウンドと同等の高さで観戦できる臨場感溢れる座席です。目の前にフェンスも無いため、ヘルメットの着用が義務付けられるほどの臨場感が味わえます、

 

マツダスタジアム:びっくりテラス

バーベキューやお好み焼きを楽しめるテラス席です。飲み放題プランも存在します。

こういった特徴的な座席を回ってみるのも面白いですね。