野球の基礎知識

【野球用語解説】誰が決める?エラーの基準を簡単に解説!

エラーの基準を解説

当記事では、野球におけるエラーについて解説します。

野球を見ていると「え?今のがエラーじゃないの?」という場面等、不思議に思うこともありますよね。

知っているようで実は知らない、エラーに関するルールを徹底解説します。

筆者のプロフィール

野球観戦歴20年超の野球オタクで、元球場職員の経歴を持ちます。
愛読書は公認野球規則で、野球のルール解説も得意としています。

エラーとは?用語の定義

まずはエラーの言葉の意味を整理しましょう。

用語定義:エラーとは?

守備のミスで出塁や進塁を許すこと

「エラー=守備のミス」と認識している方は多いと思います。

ただ、実際プロ野球等でエラーが記録されるには出塁や進塁を許すことも条件になるのです。

たとえフライを落球したとしても、余計な出塁や進塁を許さなければエラーにはなりません。

守備のミスがエラーとならない例

ノーアウト一塁で簡単なフライをセカンドが落球。すかさずボールを拾い、二塁に送球することで1アウトを取った。

→この場合はエラーとはならず、セカンドゴロとなります。

【エラーの基準】エラーが記録される具体例

エラーには明確な基準が存在しません。

あくまでも「出塁や進塁の原因が守備のミスである」と判断された場合にエラーが記録されます。

そこで、ここではエラーが記録される具体的なケースをご紹介します。

具体的なケースを知ることで、どういった場合にエラーが記録されるのかを理解していただければ幸いです。

エラーが記録される具体的なケース

  • 打球や送球をはじく(落球する)
  • 悪送球
  • 正面の打球を後逸する(トンネル)

多くの場合、エラーはこのケースに該当します。

以下、順番に解説します。

打球や送球をはじく(落球する)

内野ゴロをはじいて捕球できない場合や、フライを落球してしまうと基本的にエラーが記録されます。

プロ野球クラスになると簡単にはこの手のエラーは生まれませんが、土のグラウンドのイレギュラーバウンド等でエラーが記録されることが多いです。

悪送球

捕球はしっかりしたものの、その後の送球が逸れて走者の進塁を許すケースです。

  • 内野ゴロの一塁送球が逸れて打者走者が出塁する
  • 外野フライで二塁走者のタッチアップを阻止するため送球するも、送球が逸れてホームへの生還を許す

等、様々な場面で想定されるエラーです。

正面の打球を後逸する(トンネル)

明らかに正面のゴロを後ろに逸らしてしまうと、エラーが記録されます。

股の間をゴロが抜けるエラーを「トンネル」と呼んだりもします。

【エラーの基準】エラーが記録されない具体例

一見すると守備のミスと思われるプレーでも、エラーが記録されない場合があります。

エラーが記録されない具体的なケース

  • 積極守備によるミス
  • フライの目測を誤り捕球できない(打球に触っていない)
  • 強烈な打球をはじいた
  • フィルダースチョイス
  • 故意落球

以下、順番に解説します。

積極守備によるミス

積極的にチャレンジした結果のミスは、エラーが記録されない(ヒットとなる)ことが多いです。

  • ボテボテのゴロを素手でキャッチすることを試みるも、捕球できない
  • 内野の間を抜けそうな当たりをダイビングキャッチ。難しい体制で送球するも、送球が逸れてしまう

こういったケースです。

このように、普通にプレーしていてはヒットと考えられるケースでは、ミスが生まれてもヒットが記録されることが多いです。

フライの目測を誤り捕球できない

これは意外に思われるかもしれませんが、野手がフライを見失って捕球できない場合は、ヒットが記録されます。

この際、野手がボールに触れているかがポイントになります。

触れた場合は落球としてエラーが記録されますが、触れていない場合はヒット扱いとなることが一般的です。

以下の動画は2連続でフライを落球する珍プレー動画です。

※動画の1つめのミスはボールに触れていないのでヒットが記録されています。
※2つめのミスはボールに触れての落球なので本来はエラーですが、幸い二塁に送球してアウトを取れたので、ゴロが記録されています。

強烈な打球をはじいた

かなり主観的な判断になるのがこのケースです。

野手の正面のあたりでも、その打球が強烈であればヒットが記録されることもあります。

ピッチャー強襲の内野安打、サード強襲の内野安打、等と呼ばれることが多いですね。

フィルダースチョイス

一塁に送球すればアウトが取れたところを、二塁(や三塁、本塁)に送球した結果、オールセーフとなってしまうことがあります。バント処理等で見られるプレーですね。

野手の判断ミスではあるものの、このケースはエラーではなくフィルダースチョイスが記録されます。

フィルダースチョイスは以下の記事で詳細に解説していますので、こちらの記事もぜひ合わせてご覧ください。

故意落球

少し難しいルールですが、故意落球の場合はエラーは記録されません。

故意落球とは、内野手がフェアの飛球またはライナーを故意に落とすプレーを指します。
(ゲッツーを狙うプレーですね)

故意落球とみなされた場合は打者がアウトとなり、ランナーは元の位置に戻されます。

エラーは記録されません。

故意落球については以下の記事で詳しく解説していますので、合わせてご覧ください。

エラーは誰が決める?

それでは、エラーか否かは誰が決めるのでしょうか。

「強烈な打球はエラーにならない」「エラーをしなくてもヒットだっただろう」と時には主観的な判断も必要です。

このようなエラーの判断は、公式記録員が行っています。審判ではありません

公式記録員はNPBとの雇用契約を結ぶサラリーマンです。

公式スコアの記入をしながら、球場の「H」「E」「Fc」ランプの操作、球数や各種記録についての関係者アナウンス等、様々な仕事を行っています。

関連記事:プロ野球の公式記録員って何者?記録員になる方法も調査してみた

エラーによる失点は投手の防御率に影響しない

エラーを理解するうえで押さえておきたいのが、投手の防御率との関係です。

投手が失点すると防御率は悪化しますが、エラーが原因の失点は対象外となります。

これは投手の防御率が「自責点(投手の責任の失点)」をもとに算出されているためです。

エラーによる失点は投手の責任ではありませんよね。

野球用語「エラー」のまとめ

エラーについてご理解いただけたでしょうか。

あらためてエラーが記録されるケース、されないケースを再掲載します。

エラーが記録される具体的なケース

  • 打球や送球をはじく(落球する)
  • 悪送球
  • 正面の打球を後逸する(トンネル)

エラーが記録されない具体的なケース

  • 積極守備によるミス
  • フライの目測を誤り捕球できない(打球に触っていない)
  • 強烈な打球をはじいた
  • フィルダースチョイス
  • 故意落球

当サイトでは、このような野球に関するルールや小ネタを発信しています。

ぜひ、他の記事もセットでご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。

【持ってますか?】野球デザインのクレジットカード

 

プロ野球デザインのクレジットカードが存在することをご存知でしょうか。

カードに球団ロゴがデザインされているだけではなく、球団独自の特典が用意されているものもあります。(以下、主な特典)

  • チケット先行販売に参加できる
  • オリジナルグッズや選手のサイン入りグッズが貰える
  • 公式戦やイベントに招待

 

等々、プロ野球ファンなら1枚は持っておきたいクレジットカードです。

当サイトでは、全18種類のプロ野球デザインを画像付きで紹介しておりますので、ぜひご覧ください。

\全18種類を紹介中/
クレジットカード一覧へ

 

※18歳未満の方はクレジットカードの発行はできませんのでご注意ください